« 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店。「中国料理 鳳鳴春 八重洲中央口店」 | トップページ | 伊藤元重教授特別寄稿「山高ければ谷深し」(週刊 ダイヤモンド 2008年 10/11号特集「世界大破局」より) »

目で楽しむツェッペリンNo2。レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「デフィニティヴ・ボックスセット(紙ジャケットボックスセット)」(M)

H201005   中学生の時以来、数十年ぶりに買った、ツェッペリン作品、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「デフィニティヴ・ボックスセット<SHM-CD>(紙ジャケットボックスセット) 」(2008年9月)。

 ジミー・ペイジ(Jimmy Page)のセンスなのか、ジャケット・デザインがどれも素晴らしかったツェッペリン、今回は中後期ツェツペリンです。

H201005_2  6thアルバム「フィジカル・グラフィティ(Physical Graffitti)」(1975年2月)。

 これまた、凝りに凝ったジャケットで、ニューヨークに実在するアパートが印刷され、くりぬかれたアパートの窓から中が見える仕掛けになっており、中にはレッド・ツェッペリンのメンバーの写真などがちりばめられ、入れ方を変えると窓から見える絵も変化。

 私もLP時代に購入し満足感一杯だったこのジャケットは、スーパー・トランプ (Supertramp)「ブレックファースト・イン・アメリカ(Breakfast in America)」を手がけたマイク・ダウト(Mike Doud)等によるもの。

H201005_3  7thアルバム「プレゼンス(Presence)」(1976年3月)。

 古き良きアメリカを感じさせる写真に、意味深な不思議な黒い物体が神秘的。

 ツェッペリンは、意味深な神秘性をいつも漂わせるジャケット・デザインが得意で、それがクール。

 このジャケットデザインは、ヒプノシス(Hipgnosis)と1stアルバム以来のジョージ・ハーディ(George Hardie)の、ピンク・フロイド(Pink Floyd)「狂気(Dark Side of the Moon)」コンビが担当。

H201005_5 8thアルバムは、ライヴ盤の「永遠の詩(狂熱のライヴ)(The Song Remains the Same)」(1976年10月)。

 黒を基調としたエンボス化工の手触りの良いジャケットを、紙ジャケCDは見事に再現。

 私もLP時代に買った時の手触りを思い出しました。

 このジャケットデザインも、ヒプノシス(Hipgnosis)とジョージ・ハーディ(George Hardie)のコンビ。

H201005_6  9thアルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドア(In Through the Out Door)」(1979年8月)。

 私は、このアルバムあたりから、リアルタイムではあまり関心がありせんでした。

 6種類のジャケットが作られ、外袋に入れて密封され、購入して袋を開けるまでどのジャケットを購入したか分らず、さらに内袋にはモノクロの特殊印刷がなされ、水で濡らすと発色するようになっていたとのこと。

 このジャケットデザインは、ヒプノシス(Hipgnosis)。

H201005_7  ラスト・アルバム、「最終楽章 (コーダ)(Coda)」(1982年11月)。

 このアルバムも出た時は関心がありませんでした。

 ジャケット・デザインも、エンボス化工が見事なものの、一番、シンプル。

 このジャケットデザインも、ヒプノシス(Hipgnosis)。

 毎回、ジャケット・デザインのせいで発売が遅れていたらしいレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)、紙ジャケ・ボックス・セットに最もふさわしいバンドかもしれません。

|

« 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店。「中国料理 鳳鳴春 八重洲中央口店」 | トップページ | 伊藤元重教授特別寄稿「山高ければ谷深し」(週刊 ダイヤモンド 2008年 10/11号特集「世界大破局」より) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42707901

この記事へのトラックバック一覧です: 目で楽しむツェッペリンNo2。レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「デフィニティヴ・ボックスセット(紙ジャケットボックスセット)」(M):

« 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店。「中国料理 鳳鳴春 八重洲中央口店」 | トップページ | 伊藤元重教授特別寄稿「山高ければ谷深し」(週刊 ダイヤモンド 2008年 10/11号特集「世界大破局」より) »