« 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 | トップページ | エスカレート気味の景気テコ入れ策。「住宅ローン減税、控除上限「600万円」軸に 期間10年が有力」(2008年10月29日付日本経済新聞より) »

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.16。シンバルズ(Cymbals)「Love Thing」(M)

H201028love_thing  まだまだ、引き続き振り返りたい、沖井礼二、矢野博康、土岐麻子からなるシンバルズ(Cymbals)のエバー・グリーンな音楽。

 今回は、7thシングル「Love Thing」(2002年10月)。

 タイトル曲「Love Thing」は、沖井礼二とSAX奏者山本拓夫との共同プロデュースによる堂々たるビック・バンド・ジャズ。

 3rdアルバム「Sine」の「洗練」と「クラブ・ミュージック」路線を突き進むと思いきや、普遍的・王道的ポップスの境地にいきなり降り立つシンバルズ(Cymbals)、これがなかなか気持ちが良いです。

 山本拓夫は、サザンオールスターズ(Southern All Stars)等のセッション・ワークや村田陽一SOLID BRASSのメンバーとして知られる、ロック畑での活躍が有名なSAX奏者。

 ちなみに、シンバルズ(Cymbals)の土岐麻子の父親も、山下達郎のバック・バンドのメンバーとして、ロック畑での活躍が有名なSAX奏者、土岐英史。

 You Tube上のタイトル曲「Love Thing」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=XedvzTKsmsQ

 父親からのDNAがそうさせるのか、土岐麻子が実に水を得た魚のように、ピタリとはまっていますね。

H201028musicmeme4_variationsdvd  ところで、本盤のカップリングは、日本音楽界の鬼才、ヤン富田による3rdアルバム「Sine」収録曲のリミックス、「GLIDE(Yann Tomita Mix)」。

 これがまた、ナチュラルで、普遍的・王道的ポップスの境地の傑作。

 このバージョンは、本年4月に発売された、ヤン富田の音楽人生総決算的プロジェクトの一環である、「Music・Meme4 VARIATIONS(DVD付)」(2008年4月)にも再収録されています。

  普遍的・王道的ポップスの境地のシンバルズ(Cymbals)、正にエバー・グリーンです。

|

« 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 | トップページ | エスカレート気味の景気テコ入れ策。「住宅ローン減税、控除上限「600万円」軸に 期間10年が有力」(2008年10月29日付日本経済新聞より) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42936962

この記事へのトラックバック一覧です: エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.16。シンバルズ(Cymbals)「Love Thing」(M):

« 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 | トップページ | エスカレート気味の景気テコ入れ策。「住宅ローン減税、控除上限「600万円」軸に 期間10年が有力」(2008年10月29日付日本経済新聞より) »