« 図解やフロー・チャートを多用したユニークな力作。森富幸税理士「取引相場のない株式の税務―評価の基礎・売買時価の概要と留意点」 | トップページ | 驚きの税制改正案!「追加経済対策、中小企業支援へ時限減税」(2008年10月23日付日本経済新聞) »

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.15。シンバルズ(Cymbals)「Sine」(M)

H20092822sine_3   まだまだ、引き続き振り返りたい、沖井礼二、矢野博康、土岐麻子からなるシンバルズ(Cymbals)のエバー・グリーンな音楽。

 今回は、6thシングル「Higher than the Sun e.p」からの「洗練」と「クラブ・ミュージック」路線の集大成、3rdアルバム「Sine」(2002年7月)。

  このアルバムの聴きどころも、7thシングル「Wingspan」と同様に、当時のファンタスティック・プラスチック・マシーン(Fantastic Plastic Machine、FPM)こと田中知之の右腕、宮川弾によるプログラミングとストリング・アレンジのスパイスだと思います。

 

H20092822piedpiper  元ラヴ・タンバリンズ (Love Tambourines)のキーボーディスト、宮川弾は、FPMとシンバルズ(Cymbals)とのコラボレーションが終わりを告げた後、2006年10月に、宮川弾アンサンブル(Dan Miyagawa Ensemble)名義のソロ「pied-piper」を発表。

 「pied-piper 」は、電気楽器を使わないユニークな室内楽的作品で、5曲目「あたらしい道」では、シンバルズ(Cymbals)解散後の土岐麻子をヴォーカリストとしてフューチャー。

 「pied-piper」自体はすばらしい作品で、宮川弾のストリングス・アレンジの妙は味わえますが、私は、「洗練」と「クラブ・ミュージック」の、FPMやシンバルズ(Cymbals)とのコラボレーションの方がもっと良いと思います。

 ぜひ、宮川弾の次回作では、その路線を期待したいところです。

 そういえば、今回初めて気が付きましたが、以前にご紹介したGREAT 3 (グレイト・スリー)の名曲「Quincy」(2001年3月)のストリングス・アレンジも、宮川弾によるものなんですね。

 シルバー・メタリックの、斬新で実に美しいデザインのジャケットは印象的な「Sine」、「洗練」と「クラブ・ミュージック」路線を集大成させたシンバルズ(Cymbals)は、さらに変化して行きます。

 

|

« 図解やフロー・チャートを多用したユニークな力作。森富幸税理士「取引相場のない株式の税務―評価の基礎・売買時価の概要と留意点」 | トップページ | 驚きの税制改正案!「追加経済対策、中小企業支援へ時限減税」(2008年10月23日付日本経済新聞) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42873193

この記事へのトラックバック一覧です: エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.15。シンバルズ(Cymbals)「Sine」(M):

« 図解やフロー・チャートを多用したユニークな力作。森富幸税理士「取引相場のない株式の税務―評価の基礎・売買時価の概要と留意点」 | トップページ | 驚きの税制改正案!「追加経済対策、中小企業支援へ時限減税」(2008年10月23日付日本経済新聞) »