« レイ・クロック(Ray Kroc)の不屈の起業家魂に思いを馳せるささやかな幸せ、ビッグ・マック(Big Mac)。「マクドナルド 東京駅2号店」 | トップページ | 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 »

ミドル&メロウを切り口にケンさんのソング・ライティングを楽しむ。クレイジーケンバンド (Crazy Ken Band)「ミドル&メロウ・オブ・クレイジーケンバンド(middle&mellow of CRAZY KEN BAND )(M)

H20092824middlemellow_of_crazy_ken_  幻冬舎の音楽を中心とするカルチャー雑誌「BARFOUT!(バァフアウト!)」編集長、山崎二郎氏選曲&監修による企画、「middle&mellow」がスタート。

 70年代山下達郎などのシティ・ポップスを聴いていた世代、80年代AORに馴染んでいた世代、90年代「渋谷系」にハマっていた世代、そして今のiTunes世代と、世代を超えたリスナーを対象に、R&B、HIP HOP、J-POP、昔の音源などジャンルを横断して「middle」または「mellow」をキーワードに紹介しようとする企画らしい「middle&mellow」。

 第一弾は、クレイジーケンバンド (Crazy Ken Band)「ミドル&メロウ・オブ・クレイジーケンバンド(middle&mellow of CRAZY KEN BAND )」(2008年10月)。

 ミドル&メロウを切り口にケンさんのソング・ライティングが存分に楽しめます。

 本作のライナー・ノーツで、「一番自分に合う、一番興奮するのはミドルなんです。永遠に続いて欲しいテンポ感であり、コード感であり。あと、やっぱ『ウーリッツァー』ですね(笑)。」と語るケンさん。

 ちなみに、「ウーリッツァー(Wurlitzer)」は、「フェンダー・ローズ (Fender Rhodes)」と並ぶエレクトリック・ピアノの名器で、本作のジャケット写真にも使われています。

 両方ともメロウな響きですが、どちらかというと「フェンダー・ローズ (Fender Rhodes)」は「ソフト(Soft)」で、「ウーリッツァー(Wurlitzer)」が「ミドル(middle)」という印象で、本作にピッタリという感じでしょうか。

 ミドルは、ケンさんの得意分野で、ケンさんの懐深さが最も現れる曲調。

 また、バンドをやった方はよくわかると思いますが、ミドル・テンポの曲というのは実はすごくグルーヴを出すのが難しく、クレイジーケンバンド (Crazy Ken Band)のバンドとしての実力がいかんなく発揮されるのもこの曲調。

H20092824_777  本作の1曲目は、「7時77分 for middle&mellow」。

 私が、クレイジーケンバンド (Crazy Ken Band)の最高作と思う「777」(2003年6月)収録の「7時77分」のナレーション部分のみ新録音したもの。

 名曲です。

 ちなみに、「ミドル&メロウ・オブ・クレイジーケンバンド(middle&mellow of CRAZY KEN BAND )」は、1人の男が朝遅く起き、女性と出会い、夜、眠りにつくまでのストーリーになっているらしく、なかなか洒落た演出。

 You Tube上の、9曲目「メリメリ」の映像。

 http://jp.youtube.com/watch?v=Gaq5eNXKcYk

 「フリー・ソウル(Free Soul)」橋本徹氏の向こうを張ろうかという、「ミドル&メロウ(middle&mellow)」山崎二郎氏、今後も注目です。

|

« レイ・クロック(Ray Kroc)の不屈の起業家魂に思いを馳せるささやかな幸せ、ビッグ・マック(Big Mac)。「マクドナルド 東京駅2号店」 | トップページ | 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

『空っぽの街角』も『珈琲キャンディー』も入ってない。
選曲センスとしてはどうなんだろう。
ファンとしては疑問だな。

投稿: tommy sasuga | 2008年10月29日 (水) 22時55分

tommy sasugaさん、コメントありがとうございます。
なるほど、「パンチ!パンチ!パンチ!(PUNCH! PUNCH! PUNCH!)」の2曲ですか。
さすが、ファンならではの渋いご意見ですね。

投稿: Accounting&Music | 2008年11月 2日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42916736

この記事へのトラックバック一覧です: ミドル&メロウを切り口にケンさんのソング・ライティングを楽しむ。クレイジーケンバンド (Crazy Ken Band)「ミドル&メロウ・オブ・クレイジーケンバンド(middle&mellow of CRAZY KEN BAND )(M):

« レイ・クロック(Ray Kroc)の不屈の起業家魂に思いを馳せるささやかな幸せ、ビッグ・マック(Big Mac)。「マクドナルド 東京駅2号店」 | トップページ | 待ち望んでいた企業再編の名著の後継本。森・濱田松本法律事務所菊地伸、監査法人トーマツ布施伸章、税理士法人トーマツ編著「企業再編―法律・会計・税務と評価」 »