« どのような再生計画になるのでしょうか?J-REIT(上場不動産投資信託)初の倒産。ニューシティ・レジデンス投資法人、民事再生法申請。 | トップページ | 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店No2。「蓬莱」(八重洲) »

思いの外、元気でカラフルな新作。ベン・フォールズ(Ben Folds)「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」(M)

H201010  ベン・フォールズ(Ben Folds)の新作、「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」(2008年9月)が到着。

 3年ぶり、3枚目のオリジナル・ソロ・アルバムである「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」ですが、思いの外、元気でカラフルな内容。

 ベン・フォールズ(Ben Folds)が率いたバンド、ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)のファンには、得に嬉しい1枚ではないでしょうか?

 ベン・フォールズ(Ben Folds)は、1966年生まれ、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身の、ピアノを得意とするシンガー・ソング・ライター。

 ベン・フォールズ(Ben Folds)が、1994年から2000年にかけて率いたバンド、ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)は、コーネリアス(Cornelius)こと小山田圭吾が絶賛し、いち早く日本からブレーク。

H201010_3  ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)解散後に発表した、「ロッキン・ザ・サバーブズRockin' the Suburbs)」(2001年)は、私が大好きな傑作。

 ソング・ライターとしての彼の才能が堪能できます。

 3曲目「スティル・ファイティング・イット(Still Fighting It)」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=mRlgq59dsFQ

 奥田民生「息子」のアメリカ版ともいうべき名曲。

 11曲目、アルバム・タイトル曲「ロッキン・ザ・サバーブズRockin' the Suburbs)」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=GUkiFLURt38

 この曲は珍しくベン・フォールズ(Ben Folds)はピアノではなくギターを弾いています。

 新作「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」は、とにかくカラフルな内容。

 1曲目「.ヒロシマ(ビー・ビー・ビー・ベニー・ヒット・ヒズ・ヘッド) (Hiroshima(B B B Benny Hit His Head) )」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=Z7n2UyiOVGE

 2005年9月のジャパン・ツアー広島公演でステージから落下して顔面を強打した事件を題材にした曲らしく、おじさんとしては、エルトン・ジョン(Elton John)の名曲「ベニー・アンド・ジェッツ(Benny And The Jets)」を彷彿とさせるピアノ強打のリズムにニッコリ。

 4曲目「ユー・ドント・ノウ・ミー(featuring レジーナ・スペクター) (You Don’t Know Me(featuring Regina Spektor))」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=w3vBdIWdlLY

 16曲目の日本版ボーナストラックの「コローン(ピアノ・オーケストラ・ヴァージョン)(Cologne)」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=mkiMdAPmJLU

 美しい曲です。

 カラフルな新作「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」を発表したベン・フォールズ(Ben Folds)、元気で何よりです。

 

 

 

 

|

« どのような再生計画になるのでしょうか?J-REIT(上場不動産投資信託)初の倒産。ニューシティ・レジデンス投資法人、民事再生法申請。 | トップページ | 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店No2。「蓬莱」(八重洲) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42749517

この記事へのトラックバック一覧です: 思いの外、元気でカラフルな新作。ベン・フォールズ(Ben Folds)「ウェイ・トゥ・ノーマル (Way to Normal )」(M):

« どのような再生計画になるのでしょうか?J-REIT(上場不動産投資信託)初の倒産。ニューシティ・レジデンス投資法人、民事再生法申請。 | トップページ | 日本人がほっとできる昔ながらの中国料理店No2。「蓬莱」(八重洲) »