« ご注意!Perfume熱が中高年リスナーに蔓延!Perfume現象「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 10月号」(M) | トップページ | 私のPerfume(パフューム)熱の感染源、川勝正幸氏が放つ「21世紀のポップ中毒者」(M) »

BSE問題に翻弄されつつも愛され続ける「ねぎし定食」。「新宿ねぎし 八重洲店」

H200927  飲食店、それもチェーン店は味の維持をするのが意外に難しいものですが、いつも感心させられるのが「新宿ねぎし 八重洲店」の新宿店創業以来27年の定番と思われる「ねぎし定食」のクォリティ・コントロール。

 BSE問題に翻弄され、値段が暴騰したり、数量限定になったり、今もメニューの後ろの方だったり、数奇な運命をたどりつつも、愛され続ける「ねぎし定食」。

 以前にご紹介した、株式会社ねぎしフードサービスの人気姉妹店、「有楽町 コパン・コパン (Copain Copain) 韓国料理」にもしっかり継承されている、ねぎしのガンコな職人技のようなクォリティ・コントロールが、愛され続ける理由のひとつであることは間違いないでしょう。

H200927_3   ねぎしが創業した1981年頃は、牛たんはお酒のおつまみで男性客ばかりだったらしく、もっと女性にも親しんでもらいたいと、定番の「牛たん+麦めし+テールスープ」に健康的な食材で麦めしに合う「とろろ」を加えて提供したのが、「ねぎし定食」のはじまりで、「牛たんにとろろ」という組み合わせの元祖とのこと。

 全国屈指の名産地・千葉県多古町直送の大和芋を、毎日お店で皮をむきていねいにすりおろし、27年間変わらぬ味の出汁と合わせ、舌触りやのど越しをよくするためさらに網で越しているひと手間が、おいしさのポイントのこと。

H200927_4  とろろと相性抜群の、ねぎしの押し麦ごはん。

 お米は、品質の良い産地のコシヒカリを選んで独自に調合し精米したてのものを使用とのこと。

 ごはんにブレンドする大麦は、通常より薄く圧縮した押し麦で、食物繊維やビタミン・ミネラル豊富なだけでなく、噛めば噛むほど麦本来の風味豊かな味わいが。

H200927_5 ねぎしのテールスープは、実にあっさり。

 いつ食べても、煮詰まったりすることなく、クォリティ・コントロールが行き届いています。

 とうがらしがかなり効いていて、飲むと元気が出てくるところもポイントが高い。

H200927_6  ねぎしの牛たん。

 ちょっと手ブレしてしまいましたが。

 女性向けという狙いからか、厚さや大きさも、多店と比べとても上品。

 若い時は物足りなさを感じたこともありましたが、年をとってくると嬉しい分量です。

H200927_7  私は、いつも、ミニ・サラダを追加。

 以前は、大根系のサラダでしたが、最近、「コパン・コパン (Copain Copain)」との関係か、チョレギ系に変更。

 私の好みを言わせてもらえれば、大根系の方があっていたかも。

 「ねぎし定食」、私もまだまだ愛して行きたいと思います。

|

« ご注意!Perfume熱が中高年リスナーに蔓延!Perfume現象「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 10月号」(M) | トップページ | 私のPerfume(パフューム)熱の感染源、川勝正幸氏が放つ「21世紀のポップ中毒者」(M) »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42612051

この記事へのトラックバック一覧です: BSE問題に翻弄されつつも愛され続ける「ねぎし定食」。「新宿ねぎし 八重洲店」:

« ご注意!Perfume熱が中高年リスナーに蔓延!Perfume現象「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 10月号」(M) | トップページ | 私のPerfume(パフューム)熱の感染源、川勝正幸氏が放つ「21世紀のポップ中毒者」(M) »