« デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配No2。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(M) | トップページ | 何か吹っ切れたような実に痛快な一作。ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(M) »

愛すべき昔ながらの街のおそば屋さん。「京橋 山茂登(やまもと)」

H200808 事務所の近くの「京橋 山茂登(やまもと)」は、丼物はもちろん、カレーライスやもつ煮等の居酒屋メニューもとりそろえ、おまけにテレビで野球中継も楽しめる昔ながらの街のおそば屋さん。

 以前、ご紹介した「蕎麦 流石」(銀座一丁目)と対極のお店と言っていいでしょう。

 ところが、このお店、見田盛夫「東京 五つ星の蕎麦」で「蕎麦 流石」などとともに紹介されるぐらい、おいしいお蕎麦が楽しめます。

H200808_2  見田盛夫「東京 五つ星の蕎麦」によると、「京橋 山茂登」は、昭和15年(1940年)創業で、当時は麻布で「満留賀(まるか)」という店名だったとのこと。

 戦後間もない昭和25年に、八重洲ブックセンターの裏手の京橋2丁目の現在の場所に移転。

 近くに同名のそば屋があったため、苗字の山本を「山のように茂って、人気がどんどん登っていく」という縁起をかついだ文字に置き換えて、「京橋 山茂登(やまもと)」に。

 

H200808_3  「京橋 山茂登(やまもと)」のそばは、長野産のそば粉を使っているらしく、こしがありおいしい。

 そして、写真の普通盛りでも、街のおそば屋さんらしく、十分な量。

H200808_4  「京橋 山茂登(やまもと)」のつゆは、本節、宗田節、サバ節を用いたらしい、かなり濃い目のだし。

 この濃い目のだしが私は好きです。

 そば湯も言えば出してくれます(黙ってると出ないときもあるので)。

H200808_5  私の定番は、「天ざる」。

 見田盛夫「東京 五つ星の蕎麦」でも紹介されています。

 大振りのエビ天もおいしく、たくさんつけられた衣も意外にあっさりしています。

 だんだん数が減ってきたような気がするタイプの気取りのない街のおそば屋さん、「京橋 山茂登(やまもと)」、安心しておそばが楽しめるお店です。

 

 

|

« デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配No2。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(M) | トップページ | 何か吹っ切れたような実に痛快な一作。ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(M) »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42109858

この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべき昔ながらの街のおそば屋さん。「京橋 山茂登(やまもと)」:

« デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配No2。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(M) | トップページ | 何か吹っ切れたような実に痛快な一作。ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(M) »