« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.7。シンバルズ(Cymbals)「Do You Believe In Magic? 」(M)

H200831do_you_believe_in_magic 引き続き振り返る、沖井礼二、矢野博康、土岐麻子からなるシンバルズ(Cymbals)のエバー・グリーンな音楽。

 今回は、4thマキシ・シングル「Do You Believe In Magic? 」(2000年4月)。

 「Do You Believe In Magic?」は、ラヴィン・スプーンフル(The Lovin' Spoonful)の1965年7月発売の全米9位のヒット曲「魔法を信じるかい?(Do You Believe In Magic)」の曲名の引用。

 「日立 世界・ふしぎ発見!」のエンディング・テーマにも抜擢された「Do You Believe In Magic?」、シンバルズ(Cymbals)の代表曲です。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.7。シンバルズ(Cymbals)「Do You Believe In Magic? 」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして登亭が残った。「登亭 京橋店」

H220830  私の事務所周辺のうなぎ事情が激変。

 木挽町本店がミシュランガイド東京で1つ星をとった竹葉亭の京橋店は、再開発のため2007年9月に一時閉店したまま。

 蒸さずに焼く関西風のひょうたん屋の銀座一丁目のお店も再開発のため2007年12月に一時閉店(こちらは2008年6月から少々遠くなりましたが同じ銀座一丁目で無事再開したようですが)。

 そんな中、事務所の近くで、相変わらず、手早く気軽にうなぎが食べられるのが、「登亭 京橋店」です。

続きを読む "そして登亭が残った。「登亭 京橋店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべきAOR野郎、片寄明人No.4。Chocolat&Akito (ショコラ&アキト)「Walking In The park(DVD)」(M)

H200829walking_in_the_park  以前の記事でもご紹介した、片寄明人が2005年に結成した実にいい感じの夫婦デュオ、Chocolat&Akito (ショコラ&アキト)。

 最近、片寄明人のオフィシャル・サイトで初めて存在を知ったのが、ライヴDVD、Chocolat&Akito (ショコラ&アキト)「Walking In The park(DVD)」(2006年)。

 ファースト・アルバム「Chocolat&Akito 」(2005年9月)発売後の2006年3月に行われた、和田倉噴水公園レストランでのイベントライブをDVD化したものですが、愛すべきAOR野郎、片寄明人のメロディの美しさの真骨頂が味わえるすばらしい作品です。

続きを読む "愛すべきAOR野郎、片寄明人No.4。Chocolat&Akito (ショコラ&アキト)「Walking In The park(DVD)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちらもやはり来ました信用保証協会による公的信用保証の拡充。 「政府経済対策、中小支援に4000億円 資金繰り円滑化」 (2008年8月28日付日本経済新聞より)

 既にご紹介しているように、住宅ローン減税の存続・拡充証券税制の改正などの景気対策が騒がしくなってきましたが、やはり、信用保証協会による公的信用保証の拡充も話題に上ってきました。

 2008年8月28日付日本経済新聞によると、政府が29日にまとめる総合経済対策の概要が明らかになり、

・中小企業の資金繰り支援へ向け4,000億円を拠出、一部を2008年度補正予算に計上

・資金繰り支援では、各地の信用保証協会による公的信用保証の充実が柱

・政府は同協会に保険金を支払うための中小企業金融公庫の準備金を積み増す

・協会の保証余力が膨らみ、貸倒率が5%とすると、金融機関はさらに8兆円貸せる(4,000億円÷5%=8兆円)

とのことであるそうです。

続きを読む "こちらもやはり来ました信用保証協会による公的信用保証の拡充。 「政府経済対策、中小支援に4000億円 資金繰り円滑化」 (2008年8月28日付日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.6。シンバルズ(Cymbals)「That's Entertainment」(M)

H200828thats_entertainment 引き続き振り返る、沖井礼二、矢野博康、土岐麻子からなるシンバルズ(Cymbals)のエバー・グリーンな音楽。

 今回は、メジャーのビクターから、3枚のマキシ・シングルを経て満を持して発売された1stアルバム「That's Entertainment」(2000年1月)。

 このアルバムの魅力は、amazon.co.jpの商品の説明に、CDジャーナル2000年02月号より転載された、除川哲朗氏の素晴らしい愛情あふれるレビューを見ていただくのが一番ですので、当ブログ下のジャケット写真をぜひクリックを!

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.6。シンバルズ(Cymbals)「That's Entertainment」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融大国英国(イギリス)に学ぶ。「年100万円までの株投資、配当非課税10年間継続 金融庁要望案」(2008年8月26日付日本経済新聞より)

 自民党の麻生太郎幹事長が、8月9日に、1人当たり300万円までの株式投資について配当金を非課税とする「証券マル優制度」(仮称)の創設を提案。

 財務省の杉本和行事務次官は、8月11日の記者会見で、麻生案について、2008年度の税制改正から金融所得課税の一体化を進めているのでこの措置を確実に実施し、証券市場が活性化することを望んでいるとし、具体化に慎重な姿勢。

 住宅ローン減税に引き続き、証券税制の平成21年度(2009年)税制改正についても、だんだん騒がしくなってきましたが、今日(2008年8月26日)の日本経済新聞によると、小口投資家向けの配当非課税制度や高齢者投資非課税制度などの、金融庁が月内に財務省に提出する2009年度税制改正要望案の全容が判明したようです。

 金融大国英国(イギリス)に学んだらしい、小口投資家向けの配当非課税制度が注目です。

続きを読む "金融大国英国(イギリス)に学ぶ。「年100万円までの株投資、配当非課税10年間継続 金融庁要望案」(2008年8月26日付日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅惑の声と小粋なセンスのDNA。 ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(M)

H200825pottery_pie_2  当ブログでも、意外に多くのアクセスをいただいた、クレア・マルダー(Clare Muldaur)のプロジェクト、クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons)の隠れた傑作「ザ・ムーヴィー(The Movie)」(2007年)の国内盤がいよいよ9月3日に発売に。

 一方、ワーナー・レコード創立50周年を記念してのフォーエバー・ヤング・シリーズから、クレア・マルダー(Clare Muldaur)の親父さん、ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)の夫婦デュオ、ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(1969年)が、2008年デジタル・リマスターで本年5月に再発。

 そもそもはアメリカン・ルーツ系に弱い私、今回初めて聴きましたが、素晴らしいアルバムですね。ジェフからクレアへ受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNA、しっかりと確認できます。

続きを読む "魅惑の声と小粋なセンスのDNA。 ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立ちます。日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」

H200824  以前の記事で、公認会計士・税理士等のプロフェッショナルの業界情報を入手するための文献についてお話ししましたが、今回は業種別の税務会計情報の入手のための文献についてです。

 昨年12月に発売された、日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」(2007年)は、公認会計士・税理士等のプロフェッショナルの業種別の税務会計情報の入手のためだけでなく、中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立つ優れた情報源です。

続きを読む "中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立ちます。日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.5。シンバルズ(Cymbals)「My Brave Face」(M)

H200823my_brave_face 前回に引き続き振り返る、沖井礼二、矢野博康、土岐麻子からなるシンバルズ(Cymbals)のエバー・グリーンな音楽。

 今回は、メジャーのビクターからの3rdマキシ・シングル「My Brave Face」(1999年12月)。

 沖井礼二のコダワリの今回のお題は、キンクス(The Kinks)です。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.5。シンバルズ(Cymbals)「My Brave Face」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一の練習量が支える強靭な精神力。金メダルの日本女子ソフトボール、上野由岐子投手。

 昨日の日本女子ソフトボール、金メダル、おめでとうございました。

 忙しくて北京オリンピックもなかなか見れないのですが、昨日の日本女子ソフトボール、決勝のアメリカ戦は思わず見入ってしまいました。

 なんといっても、感動したのは、上野由岐子投手の世界一の練習量が支える強靭な精神力です。

続きを読む "世界一の練習量が支える強靭な精神力。金メダルの日本女子ソフトボール、上野由岐子投手。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.4。シンバルズ(Cymbals)「ラリー(Rally)」(M)

H200821rally 土岐麻子に加えて、沖井礼二の活動も活発化したこともあり、前回に引き続き振り返りたいエバー・グリーンなシンバルズ(Cymbals)の音楽。

 今回は、メジャーのビクターからの2ndマキシ・シングル「ラリー(Rally)」(1999年8月)。

 時の経過とともに色褪せないエバー・グリーンなポップさ、小気味いビートによる疾走感はいつも通りですが、沖井礼二のコダワリの今回のお題は、エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)です。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.4。シンバルズ(Cymbals)「ラリー(Rally)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業の従業員退職金準備の基本はやはり中小企業退職金共済(中退共)。「税制適格年金2012年3月末廃止 他制度移行いまだ6割 負担重く中小及び腰」(平成20年8月20日付日本経済新聞より)

 今日(平成20年8月20日)の日本経済新聞の第5面に「税制適格年金2012年3月末廃止 他制度移行いまだ6割 負担重く中小及び腰」の記事が。

 バブル期を中心に中小企業の退職金の外部積立制度として普及した税制適格年金ですが、利回りの悪化に伴う退職金受給権の強化のため、2012年3月末に廃止になるにもかかわらず、同記事によると他制度への移行や解約が済んでいない適格年金は2008年3月末で32,826とピーク時の4割も残っているとのこと。

 移行済みの事例では、中小企業退職金共済(中退共)への移行が14,325(2008年4月末時点)と多いとのことですが、中小企業の従業員退職金準備の基本はやはり中小企業退職金共済(中退共)だと思います。

続きを読む "中小企業の従業員退職金準備の基本はやはり中小企業退職金共済(中退共)。「税制適格年金2012年3月末廃止 他制度移行いまだ6割 負担重く中小及び腰」(平成20年8月20日付日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.3。シンバルズ(Cymbals)「午前8時の脱走計画(8AMEP)」(M)

H200819amep  土岐麻子に加えて、沖井礼二の活動も活発化したこともあり、前回に引き続き振り返りたいエバー・グリーンなシンバルズ(Cymbals)の音楽。

 今回は、いよいよ、メジャーのビクターからの1stマキシ・シングル「午前8時の脱走計画(8AMEP)」(1999年6月)。

 これまた、時の経過とともに色褪せないエバー・グリーンなポップさ、小気味いビートによる疾走感、沖井礼二のコダワリに加え、タイトさを増してきた演奏力が頼もしい1枚です。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.3。シンバルズ(Cymbals)「午前8時の脱走計画(8AMEP)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜひ「パパイヤ・杏仁・白きくらげのスープ」の復活を。「糖朝 The Sweet Dynasty 日本橋高島屋店」

H200818  「糖朝 The Sweet Dynasty 日本橋高島屋店」は、ミセス・デイジーこと翠娟(ホン・ツォイグュン)氏が1991年に開業し、人気店となった香港の甜品(スイーツ)レストラン「糖朝」の日本支店で、高島屋の100%子会社の株式会社アール・ティー・コーポレーションが経営。

 おそらく日本初の香港スイーツのお店として、開店当時から行列が絶えません。

 「糖朝」のオリジナルらしい豆腐花などの香港スイーツの他にも、私の好きなパラパラ感がたまらない五目炒飯などの香港風広東料理が、気軽に食べられるお店として重宝します。

 しかし、最近、メニューから消滅した「パパイヤ・杏仁・白きくらげのスープ」、ぜひ復活をお願いしたいところです。

続きを読む "ぜひ「パパイヤ・杏仁・白きくらげのスープ」の復活を。「糖朝 The Sweet Dynasty 日本橋高島屋店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.2。シンバルズ(Cymbals)「Missile&Chocolate」(M)

H200817missilechocolate 土岐麻子に加えて、沖井礼二の活動も活発化したこともあり、前回に引き続き振り返りたいエバー・グリーンなシンバルズ(Cymbals)の音楽。

 今回は、1sミニ・アルバム「Neat,or Cymbal!」(1998年6月)に続いてインディーズのLD&Kから発売された、2ndミニ・アルバム「Missile&Chocolate」(1998年12月)。

 ミサイルとチョコレートと題された本作、前作同様の、時の経過とともに色褪せないエバー・グリーンなポップさ、小気味いビートによる疾走感に加え、沖井礼二のコダワリが随所に目立ち始める1枚です。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称えるNo.2。シンバルズ(Cymbals)「Missile&Chocolate」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり来ました住宅ローン控除(住宅ローン減税)の平成21年(2009年)以降の延長。「省エネ・200年住宅・2世帯向けにローン減税新設 国交省方針」(2008年8月16日付日本経済新聞より)

 今日(2008年8月16日)の日本経済新聞第1面によると、国土交通省は、2009年度の税制改正で財務省に住宅ローン控除(住宅ローン減税)の拡充を要望する方針を固めたとのこと。

 購入にあたっての消費者の負担を軽減し、冷え込む住宅市場をてこ入れする狙いで、

・断熱材が厚いなど省エネ性能の高い住宅や長期間住める優良な「200年住宅」

・2世帯住宅

を対象とする優遇措置を新設し、所得税における住宅ローン控除の対象となる借入限度額を現行の一般住宅向けの2000万円より広げるのが柱とのこと。

 ここで、この記事で見逃してはならないのが、今年(2008年)で期限切れとなる現行の住宅ローン控除の平成21年度(2009年度)の税制改正での5年間延長も国土交通省が要望する方針を固めたこと。

 同記事では、そのことはもはや当たり前かのように見出し部分では一言も触れていませんが(本文では当然触れていますが)、当然そう来るとは思っていましたが大きなニュースではないでしょうか。

続きを読む "やはり来ました住宅ローン控除(住宅ローン減税)の平成21年(2009年)以降の延長。「省エネ・200年住宅・2世帯向けにローン減税新設 国交省方針」(2008年8月16日付日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称える。シンバルズ(Cymbals)「Neat,or Cymbal!」(M)

H20080715neator_cymbal  近い音楽趣味、サークルの後輩という近い存在ながら、私の不徳の致すところにより、リアル・タイムではノー・チェックだったシンバルズ(Cymbals)。

 ベスト盤とライヴ盤を聴いたら、ズバリはまってしまい、さっそくAmazonで買えるものを全部買い、全部聴き。

 土岐麻子に加えて、沖井礼二の活動も活発化したこともあり、エバー・グリーンなシンバルズ(Cymbals)の音楽を振り返りたいと思いますが、まずは、1stミニ・アルバム「Neat,or Cymbal!」(1998年)。

続きを読む "エバー・グリーン!シンバルズ(Cymbals)を称える。シンバルズ(Cymbals)「Neat,or Cymbal!」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最大の倒産。東証一部上場の不動産会社、アーバンコーポレイション、負債総額2,558億円。

 東証一部上場の不動産会社、株式会社アーバンコーポレイションが、13日、東京地裁に民事再生法手続開始の申し立てを行い同日受理されましたが、負債総額は2,558億円で今年最大の倒産とのこと。

 最近の新聞報道を見ていると、景況感もどんどん悪化しているようであり、私の実務感覚的にも倒産は最近すごく増えていると思います。

続きを読む "今年最大の倒産。東証一部上場の不動産会社、アーバンコーポレイション、負債総額2,558億円。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誠実な職人による「イージー・リスニング・ビート・ロック」にじっくり耳を傾けてみよう。FROG(沖井礼二)「EXAMPLE」(M)

H20080714example  以前に、土岐麻子について、とぼけた記事を書いたら、当ブログにもコメントいただいているtommy sasugaさんから、シンバルズ(Cymbals)の沖井礼二と土岐麻子は、大学の音楽サークルの後輩で、お前はOB会の会計を土岐麻子にしてもらっていただろうとお叱りが。

 どうも、1997年~2003年にかけてのシンバルズ(Cymbals)の活躍ぶりはなかなかのものだったようでですが、私が長年購読しているミュージック・マガジンでの扱いがなぜか低かったせいか、申し訳ないことにノーチェック。

 そこで、シンバルズ(Cymbals)を聴き出したら見事にはまってしまったところ、グッド・タイミングで、沖井礼二のソロ・プロジェクトFROG「EXAMPLE」(2008年)が発売になりました。

続きを読む "誠実な職人による「イージー・リスニング・ビート・ロック」にじっくり耳を傾けてみよう。FROG(沖井礼二)「EXAMPLE」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国を挙げての事業承継円滑化の機運をとらえた非上場株式評価に関する力作。牧口晴一税理士・齊藤孝一税理士「非公開株式譲渡の法務・税務」

H20080712_2  当ブログでも続けてご紹介している、中小企業庁による、「非上場株式の評価のあり方に関する委員会」がまとめる形での非上場株式の価格算定の指針の年内作成。

 そうした国を挙げての事業承継円滑化の機運をとらえた力作が、7月に発売された、牧口晴一税理士・齊藤孝一税理士「非公開株式譲渡の法務・税務」(2008年)。

 本作は、経験豊かな実務家らしい、名義株の対処法や「譲渡承認等申請承認」による自社株の取得等の書式も含めた具体的手続についての詳細な記述も特筆点ですが、非上場株式の評価についての語らずにはいられないというような熱い議論が注目です。

続きを読む "国を挙げての事業承継円滑化の機運をとらえた非上場株式評価に関する力作。牧口晴一税理士・齊藤孝一税理士「非公開株式譲渡の法務・税務」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏番長の痛快な3連発。エルマロ(EL-MALO) 「Noface Butt 2 Eyes」(M)

H20080711noface_butt_2_eyes  渋谷系の裏番長の異名を誇る、アイゴンこと會田茂一と柚木隆一郎の異色のロック・ユニット、エルマロ(EL-MALO) が今年3月に約4年ぶりのアルバム、「Noface Butt 2 Eyes」(2008年)を発表。

 と思っていると、今年6月には、それぞれのソロ、會田茂一「SO IT GOES」(2008年)、柚木隆一郎「NEVAEVA」(2008年)を同時発売。

 ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(2007年)も痛快でしたが、こちらも痛快な3連発です。

続きを読む "裏番長の痛快な3連発。エルマロ(EL-MALO) 「Noface Butt 2 Eyes」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変革期の音楽業界。石坂敬一日本レコード協会会長「CD中心の事業モデルいつまで?」(2008年8月10日日本経済新聞より)

 以前のPerfume(パフューム)も株主総会ライブの記事でも触れましたが、日本レコード協会の「日本のレコード産業 2008」によれば、音楽ソフト総生産金額は、10年前である1998年の約2/3までに縮み、厳しい状況が続く音楽業界。

 しかし、今日(2008年8月10日)の日本経済新聞の石坂敬一日本レコード協会会長へのインタビュー、「CD中心の事業モデルいつまで?」を見ると、2007年も音楽配信との合計の市場規模なら前年比1%増で、アメリカの前年比9%減、イギリスの前年比14%減と比べ意外に底堅く、さらに2008年1月~6月の音楽ソフトの国内販売額は前年同期比0.2%増えたらしい。

 不況業種において、変革の節目をどう乗り切るのかは、大変難しいが重要な問題です。

続きを読む "変革期の音楽業界。石坂敬一日本レコード協会会長「CD中心の事業モデルいつまで?」(2008年8月10日日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か吹っ切れたような実に痛快な一作。ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(M)

H200809  こんなに有名人になるなんてびっくりのリリー・フランキーの強烈なイラストのジャケットが印象的な、ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(2007年)。

 昨年12月に発売された、メジャー・デビュー20周年の、約3年ぶりのオリジナル・アルバムという本作は、何か吹っ切れたような実に痛快なロック・アルバムです。

続きを読む "何か吹っ切れたような実に痛快な一作。ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS )「東京虫BUGS」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべき昔ながらの街のおそば屋さん。「京橋 山茂登(やまもと)」

H200808 事務所の近くの「京橋 山茂登(やまもと)」は、丼物はもちろん、カレーライスやもつ煮等の居酒屋メニューもとりそろえ、おまけにテレビで野球中継も楽しめる昔ながらの街のおそば屋さん。

 以前、ご紹介した「蕎麦 流石」(銀座一丁目)と対極のお店と言っていいでしょう。

 ところが、このお店、見田盛夫「東京 五つ星の蕎麦」で「蕎麦 流石」などとともに紹介されるぐらい、おいしいお蕎麦が楽しめます。

続きを読む "愛すべき昔ながらの街のおそば屋さん。「京橋 山茂登(やまもと)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配No2。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(M)

H200807famille_nombreuse_2 デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなったレ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)。

 デビュー作「レ・ネグレス・ヴェルト(Mlah)」(1989年)から2年半後に届けられた2作目が「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(1992年)。

 デビュー作と比べるとパンキーかつワイルドな部分はやや後退しますが、絶妙なブレンドの異種交配の妙はこれまた抜群です。

続きを読む "デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配No2。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト2(Familles Novembre)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコインの幸せ。吉野家の牛丼+けんちん汁。

H200806_2 何度食べても飽きない、私の定番の食事が、吉野家の牛丼+けんちん汁。

 吉野家の牛丼は、アメリカ産牛肉のためにあんなにがんばる牛丼自体へのこだわりはもちろんのこと、サイド・メニューのけんちん汁のポイントが高い。

 肉と野菜のバランスもある程度とれて500円、これこそワン・コインの幸せです。

続きを読む "ワンコインの幸せ。吉野家の牛丼+けんちん汁。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト(Mlah)」(M)

H200805mlah デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなったのが、レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)。

 がさごそとCDの山からやっと見つけ出したのが、レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)のデビュー作にして、大傑作の「レ・ネグレス・ヴェルト(Mlah)」(1989年)。

 今聴いてみると、デヴォーチカ(DeVotchKa)と比べるとかなりパンキーかつワイルドですが、絶妙なブレンドの異種交配の妙はやはり抜群です。

続きを読む "デヴォーチカ(DeVotchKa)を聴いていたら無性に聴きたくなった絶妙なブレンドの異種交配。レ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)「レ・ネグレス・ヴェルト(Mlah)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1+1=2ではない!さいとう・たかを氏の考える「プロの仕事」。「『ゴルゴ13』連載40周年記念、さいとう・たかお氏インタビュー」日刊 帝国ニュース2008年7月30日号、31日号

 い、いそがしい。寝る時間がどんどんなくなって行く・・・。ブログも書かなければ・・・。

 と、手許の日刊 帝国ニュースを手に取ると、「『ゴルゴ13』連載40周年記念、さいとう・たかお氏インタビュー」<前篇>2008年7月30日号、<後篇>2008年7月31日号が。

 なんで帝国ニュースで「『ゴルゴ13』連載40周年記念?といぶかりつつも、読んでみたら、すごく面白くてためになるのが、さいとう・たかを氏のプロフェッショナリズムです。

続きを読む "1+1=2ではない!さいとう・たかを氏の考える「プロの仕事」。「『ゴルゴ13』連載40周年記念、さいとう・たかお氏インタビュー」日刊 帝国ニュース2008年7月30日号、31日号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞ隠れた名曲。直枝政広「BUFFALO」(「ロック画報(24)」付録CDより)(M)

H20080324  先日、当ブログにコメントいただいている tommy sasugaさん、家族4人でライヴに行くというIさんという、筋金入りのカーネーション(Carnation)・ファンのお二人から、カーネーションで一番好きな曲はと聞かれ、私が「バッファロー」と答えたらお二人ともピンとこないご様子。

 改めて確認すると、カーネーションではなく直枝政広(直枝政太郎)のソロ曲でしたのでご両人にはお詫びしますが、市販されているものでは「ロック画報(24)」付録CDしか収録されていない、これぞ隠れた名曲が直枝政広「BUFFALO」(2000年)です。

続きを読む "これぞ隠れた名曲。直枝政広「BUFFALO」(「ロック画報(24)」付録CDより)(M)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

味噌煮込みうどん店の意外な冷やし麺の傑作、「冷やし味噌うどん」。「玉丁本店」(八重洲)

H200802  八重洲地下街の「玉丁本店」は、手羽先唐揚チェーン「鳥良」等を経営するサムカワフードプランニング株式会社の、味噌煮込みうどんの店。

 ここの味噌煮込みうどんも大好きですが、夏は味噌煮込みうどんはちょっとというお客が多いせいか、夏期限定メニューであるのが「冷やし味噌うどん」。

 これが意外な冷やし麺の傑作です。

続きを読む "味噌煮込みうどん店の意外な冷やし麺の傑作、「冷やし味噌うどん」。「玉丁本店」(八重洲)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元ちとせには上田現。元ちとせ「カッシーニ」1曲目「カッシーニ」(M)

H200801 UAの記事で、歌い手とサウンド・メイカーの相性というのがあり、bird(バード)といったら大沢伸一、UAといったら朝本浩文と書かせていただきましたが、元ちとせには何と言っても元レピッシュ(LÄ-PPISCH)の上田現。

 大変残念ながら、上田現は本年3月に帰らぬ人となってしまいましたが、7月に発売された元ちとせ「カッシーニ」(2008年)の1曲目「カッシーニ」でもその素晴らしい相性が楽しめます。

続きを読む "元ちとせには上田現。元ちとせ「カッシーニ」1曲目「カッシーニ」(M)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »