« 中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立ちます。日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」 | トップページ | 金融大国英国(イギリス)に学ぶ。「年100万円までの株投資、配当非課税10年間継続 金融庁要望案」(2008年8月26日付日本経済新聞より) »

魅惑の声と小粋なセンスのDNA。 ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(M)

H200825pottery_pie_2  当ブログでも、意外に多くのアクセスをいただいた、クレア・マルダー(Clare Muldaur)のプロジェクト、クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons)の隠れた傑作「ザ・ムーヴィー(The Movie)」(2007年)の国内盤がいよいよ9月3日に発売に。

 一方、ワーナー・レコード創立50周年を記念してのフォーエバー・ヤング・シリーズから、クレア・マルダー(Clare Muldaur)の親父さん、ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)の夫婦デュオ、ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(1969年)が、2008年デジタル・リマスターで本年5月に再発。

 そもそもはアメリカン・ルーツ系に弱い私、今回初めて聴きましたが、素晴らしいアルバムですね。ジェフからクレアへ受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNA、しっかりと確認できます。

 ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)は、1943年、ニューヨーク州ペルファム生まれの、白人ブルース・シンガー、ギタリスト、ソング・ライター。

 1963年にジム・クウェスキン・ジャグ・バンド(Jim Kweskin Jug Band)に参加、マリア・ダマート(Maria D'Amato)と結婚。

 1967年にジム・クウェスキン・ジャグ・バンドが解散すると、1969年に、夫婦デュオ、ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)として、「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」を発表。

 ブルース、R&B、カントリーだけでなく、ポピュラー・スタンダード等のミックスの実に小粋なセンスの良さがこのアルバムの魅力。

 アメリカの細野晴臣あるいは久保田麻琴かというぐらいのセンスの良さ(と言うのは本末転倒か?)。

 ちなみに、クレア・マルダー(Clare Muldaur)は、マリア・マルダー(Maria Muldaur)の子ではない(「ザ・ムーヴィー(The Movie)」にも参加しているジェニ・マルダー(Jenny Muldaur)はマリア・マルダーの子だそうですが)。

 ところで、私もそういえばそうだったよねと思い出しましたが、本作の8曲目「ブラジル(Brazil)」は、テリー・ギリアム(Terence Vance Gilliam)監督のイギリスのSF映画「未来世紀ブラジル(Brazil)」(1985年)でも使用されたバージョンで、結構聴いたことがある人が多いのでは。

 You Tubeにアップされた「未来世紀ブラジル(Brazil)」のトレイラーで、イントロと口笛の部分(歌が省略されていますが)がジェフ&マリア・マルダーのバージョンです。

 http://jp.youtube.com/watch?v=kzRHTKa8iDE

 「ブラジル(Brazil)」を聴くと、ジェフからクレアに受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNAがよくわかります。

H200825sweet_potatoes  ジェフ&マリア・マルダー名義では、その後、1972年に2作目「スウィート・ポテト(Sweet Potatoes)」を発表しますが、公私ともどもコンビを解消。

 「スウィート・ポテト(Sweet Potatoes)」は、「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」よりも渋目のアルバム。

 マリア・マルダー(Maria Muldaur)は、その後、ソロになり、今回同時に2008年デジタル・リマスターで再発されている傑作「オールド・タイム・レディ(Maria Muldaur)」(1973年)を発表しますが、私は「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」の方が好きです。

 ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)の魅惑の声と小粋なセンス、クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons)のファンもきっと気に入ると思います。

|

« 中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立ちます。日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」 | トップページ | 金融大国英国(イギリス)に学ぶ。「年100万円までの株投資、配当非課税10年間継続 金融庁要望案」(2008年8月26日付日本経済新聞より) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/42276983

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑の声と小粋なセンスのDNA。 ジェフ&マリア・マルダー(Geoff&Maria Muldaur)「ポテリィ・パイ(Pottery Pie)」(M):

« 中小企業経営者、金融機関関係者等の業界情報入手にも役立ちます。日本税理士連合会監修・月刊「税理」編集局編集「<業種別>税理士のための関与先訪問時 経営・税務指導マニュアル」 | トップページ | 金融大国英国(イギリス)に学ぶ。「年100万円までの株投資、配当非課税10年間継続 金融庁要望案」(2008年8月26日付日本経済新聞より) »