« 「大人のにぎり飯」に匹敵するコンビニ弁当の傑作。「dancyu」(ダンチュウ)×セブン-イレブン共同開発「特製 粗(あら)デミソース仕立て 新・欧風ビーフカレー」 | トップページ | これまたびっくりしました。勝間和代公認会計士の子育て論「こどもと育つ」(2008年6月24日日本経済新聞)。 »

自分に音楽の才能があったらこんな音楽がやりたかった。オウズリー(Owsley)「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」(M)

H200714 自分に音楽の才能があったらこんな音楽がやりたかった、と思わせるのが、1966年アメリカはアラバマ州(アニストン)生まれのシンガー・ソング・ライター、というよりロックン・ローラー、オウズリー(Owsley)ことウィル・オウズリー(Will Owsley)。

 何しろ、トッド・ラングレン(Todd Rundgren)、10cc、XTC好きは他にもいるとしても、クラウデッド・ハウス(Crowded House)が好きだなんて、「趣味オンナジ」すぎです。

 デビュー・アルバム「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」(1999年)は、練りに練り上げられた珠玉のポップ・ロック・アルバムです。

H200714powerbill  今回、オウズリー(Owsley)をご紹介しようと思ったきっかけは、買いそびれていた、ザ・セマンティクス(The Semantics)「パワービル(Power Bill)」(1996年)を、最近、購入したため。

 ザ・セマンティクス(The Semantics)は、ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)のベン・フォールズ(Ben Folds)の紹介で出合ったオウズリー(Owsley)とミラード・パワーズ(Millard Powers)の2人が1990年代に結成したバンド。

 「パワービル(Power Bill)」は、2人がドラマーとしてリンゴ・スターの息子のザック・スターキー(Zak Starkey)の手を借りて製作したアルバムで、アメリカではお蔵入りになってしまったらしいのですが、コーネリアス(Cornelius)が導火線となり火がついた、当時のベン・フォールズ・ファイヴ人気のせいか、なぜか日本だけで発売。

 今回初めて、聴いてみましたが、オウズリー(Owsley)より荒削りですが、やはり「趣味オンナジ」のご機嫌なメロディアス・ロックン・ロールで、快感、快感。

 「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」は、ザ・セマンティクスで挫折を味わったオウズリー(Owsley)が、セッション・ワークで貯めた資金でナッシュビルの自宅にスタジオを作り、2年以上の時間をかけて練りに練り上げた珠玉のポップ・ロック・アルバム。

 3曲目「カミング・アップ・ローセズ(Coming Up Roses)」、5曲目「ザ・スカイ・イズ・フォーリング(The Sky Is Falling)」は、「パワービル(Power Bill)」には収録されていたものの練り直しで、より良くするのに手間隙を惜しまない仕事ぶり。

 究極のメロディーでないと気がすまないというメロディー、1年以上かけて書くという歌詞、どれもが練りに練り上げられていますが、このアルバムで特筆すべきはギターのカッコ良さ。実に良く考えられたギター・サウンドだと思います。

 日本盤ライナーの伊藤なつみ氏のインタビューによると、「僕はスターの座に着くよりも、人々を音楽で感動させ、彼等に人生の喜びを与えたい。多くのアーティストが僕の人生を豊かなものにしてくれたようにね。」と語るオウズリー(Owsley)。

 彼から届けられる喜びを得るには、入手できるうちに入手していただきたい「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」、伊藤なつみ氏の素晴らしい解説付の日本盤で今のうちにいかがでしょうか?

 

|

« 「大人のにぎり飯」に匹敵するコンビニ弁当の傑作。「dancyu」(ダンチュウ)×セブン-イレブン共同開発「特製 粗(あら)デミソース仕立て 新・欧風ビーフカレー」 | トップページ | これまたびっくりしました。勝間和代公認会計士の子育て論「こどもと育つ」(2008年6月24日日本経済新聞)。 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/41838252

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に音楽の才能があったらこんな音楽がやりたかった。オウズリー(Owsley)「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」(M):

« 「大人のにぎり飯」に匹敵するコンビニ弁当の傑作。「dancyu」(ダンチュウ)×セブン-イレブン共同開発「特製 粗(あら)デミソース仕立て 新・欧風ビーフカレー」 | トップページ | これまたびっくりしました。勝間和代公認会計士の子育て論「こどもと育つ」(2008年6月24日日本経済新聞)。 »