« インターネット化で1ヶ月公開が早くなった路線価図。 | トップページ | 非上場株式の価格算定の議論華やかかりし頃。「株式等鑑定評価マニュアルの解説」別冊商事法務No.161 »

何から何までスタイリッシュに決め込んだ1枚。ベック(Beck)「Modern Guilt」(M)

H200722modern_guilt  1970年生まれのカリフォルニア州ロサンゼルス出身のシンガー・ソング・ライターにしてマルチ・プレイヤー、ベック(Beck)こと、ベック・ハンセン(Beck Hansen)の2年ぶり10作目のスタジオ・アルバム「Modern Guilt」(2008年)が、輸入盤で7月8日に発売(日本盤は8月6日発売予定)。

 ムダをそぎ落としたシンプルなサウンドに実にマッチした、今年のNo.1ではないかと思われるジャケットをはじめ、何から何までスタイリッシュに決め込んだ1枚、カッコ良さにしびれます。

 ベック(Beck)は、以前からスタイリッシュなアーティストでしたが、今回の決め込み方は半端ではないのではないでしょうか。

 先行して音源を公開していたMy Spaceもスタイリッシュ。

 http://www.myspace.com/beck

 Beckのフレンド一覧 (Top 8)の古代ギリシャの面々が面白いですね。

 You Tubeにアップされたアルバムのプロモーション・ビデオも本当にスタイリッシュ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=XDoYZJL4CcQ

H200722snoozer  メディア対応だって、スタイリッシュ。

 左は、インタビューが掲載された、雑誌「snoozer (スヌーザー) 」2008年 08月号。

 表紙も決め込んでますね。何でも最近は、日本のファッション・ブランド、ナンバーナイン(NUMBER (N)INE)がお気に入りらしい。

 音については、とにかく削ぎ落とそうと自問しながら本質的にシンプルなものを作ったこと、60年代後半のサイケデリアを、レトロじゃなくモダンなものとしてやりたかったとのことなどを語っています。

 私は、ベック(Beck)については、ソロ・デビューが同時期だったCornelius(小山田 圭吾)と、その編集感覚という点ですごく似たものを感じていましたが、今回のスタイリッシュさというのも、Cornelius(小山田 圭吾)にすごく近いものを感じますがいかがでしょうか。

 

 

 

 

|

« インターネット化で1ヶ月公開が早くなった路線価図。 | トップページ | 非上場株式の価格算定の議論華やかかりし頃。「株式等鑑定評価マニュアルの解説」別冊商事法務No.161 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

このアルバムはよいです!!

今まで【ミューテーション】がいいと思ってましたが、【Modern Gullt】が1番!!

チョイ聴き、サイケポップっぽいけど、実は今の音で、決して焼き直しじゃないのがいいです。

ところで珍説ですが

Beckの声ってジムモリソンをクールにした感じじゃないっすか?

投稿: tommy sasuga | 2008年8月19日 (火) 11時17分

tommy sasugaさん、コメントありがとうございます。
私も、軟弱なBeckファンですので、ミューテーションも大好きです。

「ジムモリソンをクールにした感じ」、言えてます。

投稿: Accounting&Music | 2008年8月26日 (火) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/41943066

この記事へのトラックバック一覧です: 何から何までスタイリッシュに決め込んだ1枚。ベック(Beck)「Modern Guilt」(M):

« インターネット化で1ヶ月公開が早くなった路線価図。 | トップページ | 非上場株式の価格算定の議論華やかかりし頃。「株式等鑑定評価マニュアルの解説」別冊商事法務No.161 »