« 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.17。省エネビルの投資促進税制の拡充(法人税等) | トップページ | 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.18。工事進行基準の適用範囲拡大等(法人税、所得税等) »

壮大なるアメリカ音楽絵巻、今No.3。スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)「Songs for Xmas」(M)

H200614songs_for_christmas 現在のところ、スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)の最新アルバムは、「Songs for Xmas」(2006年)。

 「Songs for Xmas」は、スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)が、友人や家族のためのクリスマス・ギフトとして、2001年から2006年にかけて制作したアルバム5枚(なぜか2004年はない)をボックス・セットにしたもの。

 有名なクリスマス・ソングとオリジナル曲が入り混じった構成で、どこを切っても、囁くようなヴォーカルとマジカルなサウンドのスフィアン節が堪能できる楽しいアルバムです。

 

H200614songs_for_christmas2_2  「Songs for Xmas」ですが、2時間超42曲の5枚のCDもヴォリューム満点ですが、おまけも満載。

 アメリカのアニメーターTom Eatonのイラストの5枚のCDジャケット、ステッカー・シート、スフィアン親子4人の記念写真ポスター、アメリカの作家RICK MOODYのX’MASエッセイやコード譜付歌詞が掲載された40ページのブックレットなど。

 2002VOL.ⅡはINTERACTIVE CDで、オリジナル曲「Put The Lights On The Tree」のTom Eaton作アニメーション・ビデオも楽しめる。

 これで、2枚組CD程度のお値段はお買い得です。

 You Tubeにアップされている「Put The Lights On The Tree」の楽しいアニメーション・ビデオ。

  http://jp.youtube.com/watch?v=OYQFeZFLyM4&feature=related

 山下達郎は、彼が愛するザ・ビーチ・ボーイズ「ペット・サウンド」の最も優れた点として、「最新」や「流行」といった呪縛から真に逃れ得た「超然」とした音楽でありながら、排他的な匂いが感じられないことを挙げていましたが、「Songs for Xmas」を聴いているとスフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)の音楽にも同じことを感じます。

H200614a_suncame スフィアンは、現在まで7枚アルバムを出しており、当ブログでご紹介していないその他を簡単にご紹介。

 アルバム・デビューは、継父ローウェルと一緒に始めたアズマテック・キティ・レコード(Asthmatic Kitty label。ぜんそくの子猫レーベル?)からの「A Sun Came 」(1999年)。

 左写真は、Stephen Halkerのイラストのジャケットに差し替えられ、2003年に再発売されたリマスター盤。

 デビュー時から、スフィアン節は全開。

H200614enjoy_your_rabbit  2枚目のアルバムは、「Enjoy Your Rabbit」(2001年)。

 中国の黄道十二宮の動物をテーマにした、歌無のエレクトロニカの異色作。

 想像力というか妄想力は、スフィアンだけれども、いわゆるスフィアン節のサウンドとは相当異なるのでご注意を!

 継父からは、歌詞とメロディがある曲を書きなさいと注意を受けたらしい。

H200614seven_swans  アメリカ50州のそれぞれのためにアルバムを作るという壮大なプロジェクト「THE 50 STATES」の1作目にして、3枚目のアルバム「ミシガン(Greetings from Michigan: The Great Lake State )」(2003年)をはさみ、4枚目が、「THE 50 STATES」とは関係ない、「Seven Swans」(2004年)。

 スフィアンのアルバムの中で、最もシンプルな、弾き語り調の作品。

 もちろんクオリティーは高いのですが、私的には、「THE 50 STATES」を早く進めて欲しいという感じもいたします。

 2006年までに、7枚のアルバムを発表したスフィアンですが、2007年以降は、「トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル(A Tribute to Joni Mitchell)」と、ボブ・ディラン伝記映画のサントラ「アイム・ノット・ゼア(I'm Not There)」に参加したものの、オリジナル・アルバムがありません。

 そろそろ、「THE 50 STATES」の3作目を作らないと時間がないと思いますがいかがでしょうか?

 

|

« 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.17。省エネビルの投資促進税制の拡充(法人税等) | トップページ | 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.18。工事進行基準の適用範囲拡大等(法人税、所得税等) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/41531958

この記事へのトラックバック一覧です: 壮大なるアメリカ音楽絵巻、今No.3。スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)「Songs for Xmas」(M):

« 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.17。省エネビルの投資促進税制の拡充(法人税等) | トップページ | 平成20年(2008年)税制改正でこうなるNo.18。工事進行基準の適用範囲拡大等(法人税、所得税等) »