« アカデミズムとアナーキズムが織りなす路地裏の「経済学」小説。橘玲「亜玖夢博士の経済入門」 | トップページ | どうなる異例の事態No.8。平成20年4月24日日本経済新聞「交際費、損金算入認めず・政府方針、大企業の混乱回避」 »

声良し、ルックス良しの「新世代のフランクシナトラ」。ウーター・ヘメル「ヘメル」

H200423  昨年、デビュー・アルバム、「ヘメル」を発表したウーター・ヘメルは、1977年オランダ・ハーグ生まれの「ジャズ」歌手。

 「ジャズ」歌手と分類されているけれども、作詩作曲ができるとともに、マイ・スペース影響を受けた音楽としてジョニ・ミッチェルやルーファス・ウェインライトも挙げており、ジャズ寄りシンガー・ソング・ライターというのが適切かも。

 声良し、ルックス良しの「新世代のフランクシナトラ」、ウーター・ヘメルは、昨今の巷にあふれるシンガー・ソング・ライターの中でも、そのジャズ寄りの音楽性、その華やかさでひときわ目立つ新星です。

H200423_2  ウーター・ヘメル「ヘメル」のプロデューサーは、最近、玄人筋の評価が高い、ウーター・ヘメルと同じ1977年生まれのオランダ人、ベニー・シングス(ウーター・ヘメルがあまりにも童顔なので同じ年齢には見えませんが・・・)。

 左写真の「ベニ-・・・アット・ホーム」(2007年)が好評なベニー・シングスも、同様のジャズ寄りシンガー・ソング・ライターですが、ジャズ歌手と分類されてしまうジャズ寄り度、フランクシナトラにたとえられるその華やかさで、ウーター・ヘメルの方が私は好みです。

 

 また、ウーター・ヘメルのルックスの良さは、ミュージック・ビデオ映えします。日本での発売元、ブルース・インターアクションズのWEBで、「breezy」、「Don't ask」のビデオが無料で見れますので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

 おシャレで、ポップで、ジャズ寄りスタイル・カウンシルという感じがし、あのカフェ・アプレミディの橋本徹氏も絶賛しているのがよくわかります。

 ウーター・ヘメルですが、ありそうでなかった、新しいタイプのシンガー・ソング・ライターのような気がしますがいかがでしょうか?

 

|

« アカデミズムとアナーキズムが織りなす路地裏の「経済学」小説。橘玲「亜玖夢博士の経済入門」 | トップページ | どうなる異例の事態No.8。平成20年4月24日日本経済新聞「交際費、損金算入認めず・政府方針、大企業の混乱回避」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/40971833

この記事へのトラックバック一覧です: 声良し、ルックス良しの「新世代のフランクシナトラ」。ウーター・ヘメル「ヘメル」:

« アカデミズムとアナーキズムが織りなす路地裏の「経済学」小説。橘玲「亜玖夢博士の経済入門」 | トップページ | どうなる異例の事態No.8。平成20年4月24日日本経済新聞「交際費、損金算入認めず・政府方針、大企業の混乱回避」 »