« 中小企業経営にこそ生かしたい「利益の生み出し方」。「勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ 」 | トップページ | ちょっと足を伸ばしても買いに行きたくなるおいしいフランスパン。「ビゴの店 ドゥース・フランス プランタン銀座店」 »

今回もモア・ベスト。Perfume(パフューム)「GAME」(M)

H200415game その名のとおり完璧な仕上がりのファースト・アルバム「Complete Best」(2006年)に続く、Perfume(パフューム)のセカンド・アルバム「GAME」が遂に発売。

 中田ヤスタカ全曲プロデュースのPerfume(パフューム)「GAME」、期待通り、細野晴臣もカヴァー(?)した小森のおばちゃまの名セリフ「この次はモア・ベターよ」ならぬ、「今回もモア・ベスト」(?)です。

 今回、クレジットを見て驚くのは、作詞・作曲・編曲・ミキシング・マスタリングがすべて中田ヤスタカ。私が見る限り、Perfume(パフューム)が歌う以外は、アディショナル・ミュージシャンのクレジットもない。

 特に、作詩は大変で、誰か専門家に投げたくなるもの。中田ヤスタカの磁力の強かったPerfume(パフューム)「Complete Best」でも、7曲で作詞が木の子でしたので、全曲作詞は驚くべきこと。

 自分のソロ・アルバムだって、作詞・作曲・編曲をすべて一人でやりぬくのは大変で、こういう例はめったになく、中田ヤスタカの完全主義者ぶり、現在の彼の気力・体力の充実ぶりがうかがえます。

 今回も、コンプレッサー・リミッターが効いた太いサウンドは健在ですが(特にシンセ・ベースの音がいいですね)、それは自身のユニットcapsuleでも味わえます。

 中田ヤスタカのPerfume(パフューム)での仕事の魅力は、それに歌謡曲のプロも真っ青な見事な作詩・作曲家ぶりが加わるところです。あまり言及している人がいませんが、中田ヤスタカは作詩も実は素晴らしいと思います。

H200415baby_crusing_love 今回、通して聴いてみると、今のジャジーな気分がさりげなく織り込まれた、「Baby cruising Love」、「マカロニ」や「Twinkle Snow Powdery Snow」あたりが、シングルで公表された時より、いい感じで楽しめます。

 左のジャケットは、Perfume(パフューム)のシングル「Baby cruising Love / マカロニ」。

 なんだか、中田ヤスタカばかり絶賛していますが、中田ヤスタカが生きるのも、Perfume(パフューム)の透明感のあるボーカルとブレークしても変わらぬ純朴さというコアがあってのものなのは言うまでもないでしょう。

 ウィキペディアを見ると、「2008年4月4日 10周年記念&Best Album『もう少しまじめにやっておくべきだった』リリースパーティー LIQUIDROOM 主催:ロマンポルシェ シークレットゲストとして参加」なんて書いてあり、ブレークしたってPerfume(パフューム)の恩人への義理人情、泣かせる話ではないですか?

 

 

|

« 中小企業経営にこそ生かしたい「利益の生み出し方」。「勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ 」 | トップページ | ちょっと足を伸ばしても買いに行きたくなるおいしいフランスパン。「ビゴの店 ドゥース・フランス プランタン銀座店」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

中田ヤスタカ、たいした働きっぷりですね。

詞にしたところで、等身大の自分とはまったく異なる歌い手や、色合いの独特なテクノポップというトラックに合うようなものじゃなきゃいけないというのは、けっこうなハードルだと思います。

そのうえ、トラックメイキングもかなりなところまで自分でこなすでしょうから、えらく濃ゆいサウンドプロデュースといえましょう。

投稿: MYB | 2008年4月16日 (水) 03時23分

私も【GAME】はヘビロテしております。

capsuleも何曲か聴きましたがメロディの自由度は
Perfumeの方が高いと感じています。

歌詞は私も秀逸だと感じていました。

特にこの【GAME】全編を流れる『もどかしい、でも悶々とはしない』
という乾いた情感がストレートに響きますね。

私は、今年からの後追いファンなのですが、
未収録曲『SEVENTH HEAVEN』には
ギャングウェイ+デビッドモーションの影を感じます、なぜか。

投稿: TOMMY SASUGA | 2008年5月 5日 (月) 21時23分

MYBさん、コメントありがとうございます。
中田ヤスタカ、ミキシングだけでなくマスタリングまで自分でやってしまうところも凄いと思います(後から気が付きましたが)。尋常ではない音へのこだわりが感じられます。

TOMMY SASUGA さん、コメントありがとうございます。
ご無沙汰しております。
我々が聴くと色々なテクノ・ポップ・クラシックの影がちらつきますが、「本業」のcapsuleを聴くとわかるとおり、中田ヤスタカはそれらに高い関心がないようにも思えます。
 「余技」と思われるPerfumeでのこのクォリティはやはり凄いと言わざるを得ません。

投稿: Accounting&Music | 2008年5月 5日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/40891135

この記事へのトラックバック一覧です: 今回もモア・ベスト。Perfume(パフューム)「GAME」(M):

« 中小企業経営にこそ生かしたい「利益の生み出し方」。「勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ 」 | トップページ | ちょっと足を伸ばしても買いに行きたくなるおいしいフランスパン。「ビゴの店 ドゥース・フランス プランタン銀座店」 »