« 公認会計士界のスター誕生か?勝間和代「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」 | トップページ | 中小企業経営にもぴったりの「会計発生高」。勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 »

エリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=のこの髭面の男は?リアム・フィン(Liam Finn)「I'LL BE LIGHTNING」

H200318liam_finn  マイ・スペースに掲載されたRolling Stone紙のエリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=Liam Finnの紹介文(式?)が目を引くリヴォン・ヘルムのような髭面男、新人リアム・フィン(Liam Finn)の「I'LL BE LIGHTNING」。

 Finnという苗字にピンときた方、そう彼は・・・。

 私が最も好きなシンガー・ソング・ライターであり、昨年「Time on Earth」で復活を果たしたニュージーランドを代表するロック・バンド、クラウデッド・ハウスのリーダー、ニール・フィンの長男リアム・フィン(Liam Finn)です。

 1983年生まれのリアム・フィンは、従来はBetchadupaという自身が率いるバンドでの活動したり、ビートルズ・カヴァー集である映画「アイ・アム・サム」のサントラでニール・フィンと「トゥ・オブ・アス」をカヴァーしたり、昨年復活を果たしたクラウデッド・ハウスのUSツアーのオープニング・アクトを務めたりしているようです。

 デビュー・アルバムの「I'LL BE LIGHTNING」は、ニュージーランドやオーストラリアで昨年8月に発売され、米国や英国では本年1月に発売されましたが、日本での発売は未定のようです。

 残念ながら2003年に34歳の若さで自殺してしまったエリオット・スミス(Eliot Smith)から、絶望(Despair)を差し引き、 アイルランドの髭面の老人の姿の小妖精であるレプレコン(a leprechaun)を足すとリアム・フィンになるというRolling Stone紙の紹介文、なかなか音楽性をうまく言い当てていると思いますが、もっと簡単に言うと、声といい哀愁漂うソングライテイングといい親父さんのニール・フィンにそっくりです。そうまさに、ニール・フィン・ジュニアという感じなのです。

 Finn一家といえば、ニール・フィンの兄、リアム・フィンのおじさんで、元スプリット・エンズのリーダー、ティム・フィンも昨年新譜「Imaginary Kingdomを発売しております。ニュージーランドの誇るFinn一族の活発な活動は嬉しいかぎりですが、なぜどれも日本盤がでないのでしょうか?特に、ドント・ドリーム・イッツ・オーバーという1982年の全米2位のヒット曲で一世を風靡したクラウデッド・ハウスの14年ぶりの復活アルバムは、ぜひ日本盤を出してほしいところです。

 ところで、リヴォン・ヘルムのような髭面のリアム・フィン、童顔のニール・フィンと比べると、どちらが親父なのかわからない印象がありますね。

|

« 公認会計士界のスター誕生か?勝間和代「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」 | トップページ | 中小企業経営にもぴったりの「会計発生高」。勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/40550343

この記事へのトラックバック一覧です: エリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=のこの髭面の男は?リアム・フィン(Liam Finn)「I'LL BE LIGHTNING」:

« 公認会計士界のスター誕生か?勝間和代「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」 | トップページ | 中小企業経営にもぴったりの「会計発生高」。勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」 »