« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

どうなる異例の事態。ぎりぎりで租税特別措置「つなぎ法案」成立。

 開業以来、基本的に与党=自民党の税制改正大綱のとおり行われるのが当たり前だと思ってきた税制改正ですが、ねじれ国会の混乱が続く中での今年の税制改正は全く予断を許しません。

 ようやく、今日の国会で、特に影響が大きいのではと心配された土地売買の際の登録免許税の軽減税率(原則2.0%を1.0%に軽減)等の暫定税率の期限を5月末まで2カ月延長する「つなぎ法案」は成立した模様。

 ところが、交際費課税の特例や試験研究費の税額控除等の租税特別措置の延長は定められていないそうで、これらについてはいったん期限切れとなるようであり、今後の動向に目が離せません。

続きを読む "どうなる異例の事態。ぎりぎりで租税特別措置「つなぎ法案」成立。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃えるNo.3。「プレッシャー・ドロップ(Pressure Drop)」

H200330  2007年デジタル・リマスターの9枚組ボックス・セット、ロバート・パーマー「アイランド・イヤーズ(ISLAND YEARS 1974-1985)」(2007年)からの2枚目は、 「プレッシャー・ドロップ(Pressure Drop)」(1975年)。

 エリック・クラプトンによるボブ・マーリーのカヴァー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」(1974年)を意識したのかしていないのか、タイトル曲「プレッシャー・ドロップは、映画「ザ・ハーダー・ゼイ・カム」のサントラ盤(1972年)にも収録されていたトゥーツ&メイタルズのレゲエの名曲。

 本作から始まったプレイボーイ路線のジャケットの「プレッシャー・ドロップ」、半分が前作同様のニューオーリンズ・ファンク、半分が都会派ソウルのこれまた聴きあきない作品です。

続きを読む "ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃えるNo.3。「プレッシャー・ドロップ(Pressure Drop)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで気がつかなかった強烈なインパクトの焼きそばのお店。「雲樓」(京橋)

P3290151  八重洲・日本橋・銀座のグルメ情報源として、いつも拝見させていただいている銀髪さんのブログ「銀髪グルメ紀行」で、事務所の近くで知らない中国料理店「雲樓」(京橋)を発見。

 「銀髪グルメ紀行」で紹介されている、同業者の「雪園新宿店」の店員がここに行けと奨めてくれたというエピソードも面白い。

 さっそく行ってみると、今まで10年近く気がつかなかったのがなんとも不覚と思わせる、気取らないけどおいしい、いかにも八重洲・京橋の素敵なお店です。

続きを読む "今まで気がつかなかった強烈なインパクトの焼きそばのお店。「雲樓」(京橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・パーマー(Robert Palmer)が紹介してくれた音楽。リー・ドーシー「イエス・ウィー・キャン」

H200328  先日、ロバート・パーマー「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー(Sneakin' Sally Through the Alley)」(1974年)をご紹介しましたが、アラン・トゥーサン作曲のタイトル曲「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー」のオリジナルが収められているのが、リー・ドーシー「イエス・ウィー・キャン」(1970年)。

 ロバート・パーマーは、音楽の趣味が幅広いとともに、誰もが認める相当にマニアックな音楽通。

 ロバート・パーマーアイランド・イヤーズ(ISLAND YEARS 1974-1985)」(2007年)を紹介すると同時に、ロバート・パーマーが紹介してくれた音楽にも触れて行きたいと思います。

続きを読む "ロバート・パーマー(Robert Palmer)が紹介してくれた音楽。リー・ドーシー「イエス・ウィー・キャン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ・ミュージシャンのようなこの男は?リズ・カーン著「アラビアのバフェット"世界第5位の富豪" アルワリード王子の投資手法」

H200327_2  昨年、八重洲ブックセンターの一角から鋭い眼光を放つ、ジャズ・ミュージシャンのようなこの男は誰だ?、と思わず手に取ってみると、これがシティ・バンクの大株主で有名なアルワリード王子。恰幅のいいお金持ちをイメージしていたら、やけにオシャレでカッコよすぎるぞとびっくり。

 「アラビアのバフェット」と呼ばれるらしい、ウォーレン・バフェットと相通ずるバイ・アンド・ホールドのバリュー投資法は何だかよくわからないけれども、とにかく面白いのが付属のDVD。

 出版元のパンローリング社のサイトでもサンプル動画が見れますが、DVDを見るためだけでも買う価値があるのが、リズ・カーン著・塩野未佳「アラビアのバフェット"世界第5位の富豪" アルワリード王子の投資手法」です。

続きを読む "ジャズ・ミュージシャンのようなこの男は?リズ・カーン著「アラビアのバフェット"世界第5位の富豪" アルワリード王子の投資手法」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃えるNo.2。クール&ワイルドなニューオリンズ・ファンクの傑作。「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー(Sneakin' Sally Through the Alley)」

H200326  2007年デジタル・リマスターの9枚組ボックス・セット、ロバート・パーマー「アイランド・イヤーズ(ISLAND YEARS 1974-1985)」(2007年)からの1枚目は、ソロ・デビュー作の「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー(Sneakin' Sally Through the Alley)」(1974年)。

 なぜかミュージシャン・クレジットがない「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー」ですが、バック・ミュージシャンとしてローウェル・ジョージ率いるリトル・フィートのメンバーが中心となって制作されたことで有名。

 クール&ワイルドなニューオーリンズ・ファンクの傑作です。

 

続きを読む "ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃えるNo.2。クール&ワイルドなニューオリンズ・ファンクの傑作。「スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー(Sneakin' Sally Through the Alley)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチでも豪華な気分が味わえるな焼き肉店。「游玄亭 銀座並木通り店」

P3240143  ちょっとしたイベントがあり、叙々苑 の最高級店である「游玄亭 銀座並木通り店」へ。

 「有楽町マリオン店」は何回か利用したことはあったが、「游玄亭 銀座並木通り店」は初めて。

 銀座の一等地で着物の仲居さんが対応し、おまけに今回はたたみの個室でしたが、有楽町マリオンもそうですがお昼なら意外にリーズナブルなお店だと思います。

続きを読む "ランチでも豪華な気分が味わえるな焼き肉店。「游玄亭 銀座並木通り店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃える。ロバート・パーマー「アイランド・イヤーズ(ISLAND YEARS 1974-1985)」

H200324robert_palmer   2003年、パリで心臓発作で急死したロバート・パーマー(Robert Palmer)。

 嬉しいことに、昨年9月、ロバート・パーマーがもっともカッコ良かった1974年から1985年にかけてアイランド・レコードに残した9作品が、デジタル・リマスター、紙ジャケで再発されました。

 ところが、日本ではボーナス・トラック無の9作品のボックスセットのみでバラ売りは無し、生産数が少なかったせいか雑誌に紹介される頃にはあっという間に売り切れ状態という始末(イギリスでは一部ボーナストラック付のバラ売りがあったようですが→その後延期になっていたことが判明)。

 運よく買えたのでよかったですが、どうしたんだあんなに人気があったのにロバ-ト・パーマー、雑誌の再発特集もストレンジ・デイズの見開き2ページじゃあ、あまりにさびしいぞ・・・。

 というわけで、当ブログでは、数回に分けてなぜか忘れられてるんではないかのロバ-ト・パーマーを大いに讃えたいと思います。

続きを読む "ロバート・パ-マー(Robert Palmer)を大いに讃える。ロバート・パーマー「アイランド・イヤーズ(ISLAND YEARS 1974-1985)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と知らない公的制度。「高額療養費制度」とは?

 少し前ですが、3月3日の日本経済新聞1面と3面の連載「日本人とおカネ」で、勝間和代公認会計士の談話などを中心に、日本人は保険のコストやリスクについて人任せにしていてよく理解していないという記事が出ていました。

 その中で、気になったのは、自己負担3割といわれる健康保険で、実は医療費が高額になる場合は、家計の負担を軽減できるように一定額を超えた部分は1%の負担ですむという「高額療養費制度」。

 特に、「この制度はあまり知られておらず、かなりの申請漏れがあるとみられている。一部の保険では対象となる患者への通知を始めたが、多くの場合は連絡がない。」という部分です。

続きを読む "意外と知らない公的制度。「高額療養費制度」とは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本にも届けられたフィン兄弟からの愛情あふれる贈り物。ザ・フィン・ブラザーズ「エヴリワン・イズ・ヒア 」

H200322 クラウデッド・ハウスの14年振りの新作「Time on Earth」、ティム・フィン「Imaginary Kingdom」、リアム・フィン(Liam Finn)「I'LL BE LIGHTNING」と2007年の活発な活動ぶりにもかかわらず、日本盤がなかなか出ないニュージーランドのフィン一族。

 それを考えるとよく日本盤を発売してくれたものだと本当に感謝したい、ティム・フィンとニール・フィンの兄弟ユニット、ザ・フィン・ブラザーズ「エヴリワン・イズ・ヒア」(2004年)。

 これなら、当時の東芝EMIの関係者の心をも動かしたであろう珠玉の名作です。

続きを読む "日本にも届けられたフィン兄弟からの愛情あふれる贈り物。ザ・フィン・ブラザーズ「エヴリワン・イズ・ヒア 」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外にオーソドックスな分散投資本。勝間和代「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」

H200321  「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」(2007年12月)のでのハイパーな仕事術、「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」(2007年10月)での書店に並ぶ他の決算書本と一味違う鋭い決算書分析術を披露した勝間和代公認会計士。

 でも、2008年2月9日の週刊ダイヤモンド「勝間和代特集号」によれば、23万部と一番売れているらしいのが、勝間和代「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」(2007年11月)。

  「お金は銀行に預けるな 」という刺激的なタイトルですが、中身は意外にオーソドックスな分散投資推奨本です。

続きを読む "意外にオーソドックスな分散投資本。勝間和代「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニール・フィンのいつも変らぬ誠実なミュージシャン・シップに感謝。クラウデッド・ハウス(Crowded House)「Time on Earth」

H200320time_on_earth  前回のリアム・フィン(Liam Finn)の記事でも触れた、クラウデッド・ハウス(Crowded House)「Time on Earth」。

 2005年にオリジナル・メンバーのドラマー、ポール・ヘスターが46歳の若さで自殺するという衝撃的な事件が発生。もう再結成は不可能かと思われましたが、オーディションによりベックのバッキングで来日経験もあるMatt Sherrodをドラマーに迎え、2007年に14年振りのアルバム「Time on Earth」を発表。

 私的にはハズレ率0%を誇る(今や他にはビョークやコーネリアス(小山田圭吾)ぐらいか?)、ニール・フィンのいつも変らぬ誠実なミュージシャン・シップに心より感謝します。

続きを読む "ニール・フィンのいつも変らぬ誠実なミュージシャン・シップに感謝。クラウデッド・ハウス(Crowded House)「Time on Earth」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中小企業経営にもぴったりの「会計発生高」。勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」

H200319_2 前回の「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」の記事で、そのハイパーな仕事術に圧倒された公認会計士界の新星、勝間和代公認会計士。

 この人のすごいところは、本業の会計の本がまたすごく面白いところです。

 財務分析のプロ中のプロ、dancing-ufoさんのブログでは、昨年10月の発売時にいち早く紹介されている、勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」。

 「ダメ株を見破る投資のルール」というサブタイトルがついていますが、「オレは株はやらない」という中小企業の経営者の方に、自社の決算書を読むために、ぜひ読んでいただきたい本です。

続きを読む "中小企業経営にもぴったりの「会計発生高」。勝間和代「決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=のこの髭面の男は?リアム・フィン(Liam Finn)「I'LL BE LIGHTNING」

H200318liam_finn  マイ・スペースに掲載されたRolling Stone紙のエリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=Liam Finnの紹介文(式?)が目を引くリヴォン・ヘルムのような髭面男、新人リアム・フィン(Liam Finn)の「I'LL BE LIGHTNING」。

 Finnという苗字にピンときた方、そう彼は・・・。

続きを読む "エリオット・スミス(Eliot Smith)-絶望(Despair)+レプレコン(a leprechaun)=のこの髭面の男は?リアム・フィン(Liam Finn)「I'LL BE LIGHTNING」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公認会計士界のスター誕生か?勝間和代「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」

H200317_3  弁護士と比べて、存在感がないと常日頃より感じる公認会計士。

 そんな状況に風穴を空けてくれそうなすごい人が勝間和代公認会計士です。

 アマゾン・ベストセラーランキングでもベストセラーを連発する勝間和代公認会計士ですが、やはり私の度肝を抜いたのは、dancing-ufoさんのブログでも紹介されている「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」です。

 

続きを読む "公認会計士界のスター誕生か?勝間和代「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポピュラリティとクォリティの完全な両立。キャロル・キング「つづれおり(Tapestry)」

H200316  アデル「19」を聴いて、無性に聴きたくなったのが、キャロル・キング「つづれおり(Tapestry)」(1971年)。

 「つづれおり」は、当時、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も302週連続でトップ100にとどまる大ヒットを記録しただけでなく、今なお人々から愛され、世界中で延べ2200万枚を超える驚異的なヒットを記録している歴史的名盤です。

 

続きを読む "ポピュラリティとクォリティの完全な両立。キャロル・キング「つづれおり(Tapestry)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知る人ぞ知る人気資格。不動産証券化協会認定マスター受験申込中(3月24日まで)

 ブログ・マスターとして尊敬するdancing-ufoさんの、雑誌アエラで紹介された人気ブログ「財務アナリストの雑感」でも、「幻の?不動産資格、ふたたび」として紹介されていますが、「社団法人不動産証券化協会認定マスター」(通常略して「証券化マスター」)の受験申込が、3月10日から3月24日までで受付中です。

 証券化マスターは、不動産証券化に関係されている方ならよくご存じの人気資格で、昨年までは定員があったため、申込開始日にほぼ定員に達する程の人気がありました。

 今年は、定員がないようですので興味がある方はチャレンジされてはいかがでしょうか?

 

続きを読む "知る人ぞ知る人気資格。不動産証券化協会認定マスター受験申込中(3月24日まで)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すごい人が登場。イギリスの若きキャロル・キング。アデル「19」

H20031419  以前に取り上げたエイミー・ワインハウスが1983年生まれの24歳なら、「19」でアルバム・デビューを果たしたアデルはタイトル通りの19歳。

 音楽評論家渡辺亨氏がミュージック・マガジン3月号で、キャロル・キング風と指摘していましたが、哀愁を帯びたソングライティングと歌い方は、まさにイギリスの若きキャロル・キング。

 これはすごい人が登場したという印象です。

続きを読む "すごい人が登場。イギリスの若きキャロル・キング。アデル「19」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株安で初の運用損。勤労者退職金共済機構って何?

 昨日の日本経済新聞の1面に、中小企業の政府管掌健康保険(政管健保)が2007年度決算で「1800億円程度の赤字に転落」という記事が出ており、注目された中小企業関係者の方は多いかと思われます。

 さらにめくると、確か3面に「勤労者退職金共済機構 株安で初の運用損」という記事が小さく掲載されていたのには気がつかれましたでしょうか?日本経済新聞には詳しい説明がありませんでしたが、勤労者退職金共済機構という聞きなれない団体は何でしょうか?

続きを読む "株安で初の運用損。勤労者退職金共済機構って何?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコ・ジョンソンのモノラル録音、指引きの驚異のマンシンガン・ギター。ドクター・フィールグッド「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」

H200312  パール兄弟「未来はパール」で触れさていただいたウィルコ・ジョンソン在籍時のドクター・フィールグッドの代表作が「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」(1975年)です。

 2006年に再発されたドクター・フィールグッド「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」ですが、ウィルコ・ジョンソンのモノラル録音、指引きの驚異のマンシンガン・ギターは今聞いても新鮮です。

続きを読む "ウィルコ・ジョンソンのモノラル録音、指引きの驚異のマンシンガン・ギター。ドクター・フィールグッド「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひねりの効いた料理と眺望。広東料理センス マンダリンオリエンタル東京店

P2280070  特別なイベントのため、広東料理センス マンダリンオリエンタル東京店へランチに行きました。

 扇子とセンス(sense)を掛け合わせたネーミングのとおり、ひねりの効いた料理と、写真に撮り忘れましたが素晴らしい眺望が売り物の店です。

続きを読む "ひねりの効いた料理と眺望。広東料理センス マンダリンオリエンタル東京店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窪田晴男のコード・ワークを楽しむ。パール兄弟「パールトロン(PEAL TRON)」

H200310  紙ジャケット、デジタルリマスタリングで再発された、サエキけんぞう(佐伯健三)と窪田晴男を中心としたパール兄弟のポリドール時代のオリジナルアルバム7枚。

 前回の1枚目「未来はパール」(1986年)に引き続き、今回は2枚目「パールトロン(PEAL TRON)」(1987年)についてです。

続きを読む "窪田晴男のコード・ワークを楽しむ。パール兄弟「パールトロン(PEAL TRON)」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.4。中小企業経営者の老後資金の積立運用の決定版「小規模企業共済」

 「すっきりらくらく安心な資産運用」と個人の税金について引き続き考えてみます。

 以前にご紹介したように、「小規模企業共済」は、個人向け国債と同様に、売り手の経済合理性とかけ離れた、買い手にとって明らかに有利な公的商品であると思います。

 今回は、「小規模企業共済」について、個人の税金に関してもう少し詳しく考えてみたいと思います。

続きを読む "すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.4。中小企業経営者の老後資金の積立運用の決定版「小規模企業共済」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1980~90年代日本国クラブ・ロック。パール兄弟「未来はパール」

H200308  サエキけんぞう(佐伯健三)と窪田晴男を中心としたパール兄弟のポリドール時代のオリジナルアルバム7枚が、紙ジャケット、デジタルリマスタリングで、2月27日に再発されました。

 改めて全部聴き直してみて、やはり面白いのは1枚目の「未来はパール」(1986年)と2枚目の「パールトロン」(1987年)だと再確認。

 まずは、当時、鳴り物入りのデビュー作だった「未来はパール」です。

続きを読む "1980~90年代日本国クラブ・ロック。パール兄弟「未来はパール」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.3。株式投資信託による「世界市場ポートフォリオ」その2。

 「すっきりらくらく安心な資産運用」と個人の税金について引き続き考えてみます。

 今回も、前回に引き続き「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」などの株式投資信託による、「世界市場ポートフォリオ」を行う場合の個人の税金について考えてみます。

続きを読む "すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.3。株式投資信託による「世界市場ポートフォリオ」その2。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年最高の1曲。電気グルーヴ「モノノケダンス」

H200306  そんなに出していなかったのかと思わず驚きましたが、4月2日に8年振りのフルアルバム「J-POP」を発売する電気グルーヴ。

 ニヤリとさせるタイトルの「J-POP」が出たら買えばよいかととりあえず見送ろうとした、水木しげる原作の深夜アニメ「墓場鬼太郎」のオープニング・テーマのシングル、電気グルーヴ「モノノケダンス」ですが、銀座HMVの試聴機で聴いてみたら素晴らしい出来で思わず買ってしまいました。

 石野卓球の完璧なトラックのカッコ良さに何度も繰り返し聴きたくなる「モノノケダンス」、私的には現時点の本年最高の1曲です。

続きを読む "本年最高の1曲。電気グルーヴ「モノノケダンス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.2。株式投資信託による「世界市場ポートフォリオ」。

 前回に続き、「すっきりらくらく安心な資産運用」と個人の税金について考えてみます。

 今回は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」などの株式投資信託による、「世界市場ポートフォリオ」を行う場合の個人の税金について考えてみます。

続きを読む "すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金No.2。株式投資信託による「世界市場ポートフォリオ」。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋幸宏「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」と同じ感触。プリファブ・スプラウト 「スティーヴ・マックイーン~レガシー・エディション」

H200304  昨年5月に発売された、パディ・マクアルーン率いるプリファブ・スプラウト 「スティーヴ・マックイーン~レガシー・エディション」ですが、1985年のプリファブ・スプラウト の名作 「スティーヴ・マックイーン」の単なる再発ではありません。

 当時のプロデューサーのトーマス・ドルビーが2006年にリマスタリングしたDISC1と、パディ・マクアルーンが8曲を選び新たに製作したアコースティック・ヴァージョンのDISC2の2枚組。

 アコースティック・ヴァージョンのDISC2が最高で、高橋幸宏「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」と同じく曲の良さが引き立ちます。

続きを読む "高橋幸宏「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」と同じ感触。プリファブ・スプラウト 「スティーヴ・マックイーン~レガシー・エディション」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金。「個人向け国債 変動10年」による国内債券型インフレヘッジ運用。

 所得税の確定申告の申告期間も残り2週間となりました。

 そこで、以前に当ブログでご紹介した「すっきりらくらく安心な資産運用」と個人の税金について考えてみます。

 まずは、「個人向け国債 変動10年」による国内債券型インフレヘッジ運用」と個人の税金についてです。個人向け国債の税金について、少々他のホーム・ページより詳しくご説明してみます。

続きを読む "すっきりらくらく安心な資産運用と個人の税金。「個人向け国債 変動10年」による国内債券型インフレヘッジ運用。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木慶一のソング・ライター(作詞家)としてのセンス。高橋幸宏「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」

H200302  「ヘイト船長とラヴ航海士」の本ブログ記事で指摘した、鈴木慶一の「ソング・ライター(作詞家)としての聴き手をさりげなく刺激する鋭い言葉の選択のセンス」。

 それを味わうのにお勧めしたいのが、高橋幸宏がMTVアンプラグドの影響を受け作成した、アコースティックサウンドのセルフ・カバー集「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」(1995年)。

 鈴木慶一は、「EGO」(1988年)収録の「Left Bank」以降、高橋幸宏のソロに多くの詩を提供していますが、その繊細な味わいは、高橋幸宏が歌うとより引き立ちます。

 

続きを読む "鈴木慶一のソング・ライター(作詞家)としてのセンス。高橋幸宏「ハート・オヴ・ハート(HEART OF HURT)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異例の事態ようやく収拾。逓増定期保険の税務上の通達一部改正。

 2008年1月11日13日15日と本ブログ記事でもお知らせした逓増定期保険の税務取扱いの改正についての続報です。

 従来、利益の出た法人の節税に活用されていた逓増定期保険ですが、平成19年3月にその節税効果を制限する通達の改正予定が国税庁から生命保険に伝えられ、ほとんどの生命保険会社は販売を自粛するという異例の事態が続いておりました。それに対して、国税庁は、平成19年12月にようやく、逓増定期保険の税務上の取扱いの一部改正案を公表し、パブリックコメントの手続きに付していました。

 そして、平成20年2月28日に、パブリックコメントの結果が公表されるとともに、昭和62年6月16日付直法2-2「法人が支払う長期平準定期保険等の保険料の取扱いについて」(法令解釈通達)の一部改正が公表され、平成20年2月28日以後の契約に係る保険料から適用となることになりました。

続きを読む "異例の事態ようやく収拾。逓増定期保険の税務上の通達一部改正。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »