« 株安で初の運用損。勤労者退職金共済機構って何? | トップページ | 知る人ぞ知る人気資格。不動産証券化協会認定マスター受験申込中(3月24日まで) »

すごい人が登場。イギリスの若きキャロル・キング。アデル「19」

H20031419  以前に取り上げたエイミー・ワインハウスが1983年生まれの24歳なら、「19」でアルバム・デビューを果たしたアデルはタイトル通りの19歳。

 音楽評論家渡辺亨氏がミュージック・マガジン3月号で、キャロル・キング風と指摘していましたが、哀愁を帯びたソングライティングと歌い方は、まさにイギリスの若きキャロル・キング。

 これはすごい人が登場したという印象です。

 伊藤なつみ氏のライナー・ノーツによると、アデルは、エタ・ジェイムズ、エラ・フィツジェラルド、ロバータ・フラック、ジル・スコットなどのR&Bやジャズ・シンガーの影響を受けているらしいですが、1曲目「デイドリーマー」など、キャロル・キング的な哀愁を帯びたフォーキーなナンバーも多く、そこが魅力的です。

 ほとんどの曲を、アデルが作詞・作曲しているようですが、14歳から曲作りを始めて、1曲書き終えても、ひとことでも気に入らない言葉が入っていたら容赦なくボツにしてきたという程、歌詞にこだわりを持っているらしく、恐るべき19歳です。

 ボーナス・トラックを除く唯一のカヴァー曲として、ボブ・ディラン「タイム・アウト・オブ・マインド」(1997年)から「メイク・フィール・マイ・ラヴ」(2007年のベスト盤「DYLAN」にも収録)を選ぶなど趣味も渋すぎます。

 そういえば、カーネーションの直枝政広も、自身のブログ、「Straight Branch 直枝政広『ドンキー日記 (鳳凰編)』」で、アデルのデビュー・シングル「チェイシング・ペイヴメンツ」に「やられた」と言っていますね。
 イギリスでは、アデルの声は、立ち止まらずにはいられない声という意味の「トラフィック・ストッパー」と呼ばれているらしいですが、「チェイシング・ペイヴメンツ」を聴くとその意味がよくわかるのではないでしょうか?

|

« 株安で初の運用損。勤労者退職金共済機構って何? | トップページ | 知る人ぞ知る人気資格。不動産証券化協会認定マスター受験申込中(3月24日まで) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/40499986

この記事へのトラックバック一覧です: すごい人が登場。イギリスの若きキャロル・キング。アデル「19」:

« 株安で初の運用損。勤労者退職金共済機構って何? | トップページ | 知る人ぞ知る人気資格。不動産証券化協会認定マスター受験申込中(3月24日まで) »