« 中小企業の借入限度額の目安について考える。大久保直之「銀行取引と借入戦略CD」。 | トップページ | 新バイブルようやく登場。東京地裁破産再生研究会「破産・民事再生の実務 新版」 »

スターバックスからの極上の一杯。ジョニ・ミッチェル「シャイン」

H200106  スターバックスとコンコード・ミュージック・グループが共同設立した音楽レーベル「ヒア・ミュージック (Hear Music)」からポール・マッカートニーに続く第2弾としてジョニ・ミッチェルの新譜が昨年9月に発売されました。スターバックスからの極上の一杯というべき期待を上回る内容です。

 引退宣言後の5年振りの新作、1943年生で満64歳という年齢、ほとんどの楽器を自身で担当した自宅録音に近い作成方法という事前情報等から、ジャケットの美しさに魅かれながらも買おうか迷っていたジョニ・ミッチェルの新作ですが、昨年のベスト・アルバムのひとつに挙げる方が多いこともあり遅まきながら買いました。

 聞いてびっくりするのが、音の良さと完成度です。本作の日本版解説によると、ジョニ・ミッチェルいわく「自分の作品の中で一番真剣になって作ったもの」とのことですが、丁寧に音が積み重ねられた本作に彼女の強いプロフェッショナリズムを感じました。

 私は、ジョニ・ミッチェルと言えば、ジャコ・パストリアスとパット・メセニーの絶妙な取り合わせが実に気持ちいいライヴ「シャドウズ・アンド・ライト」(CDではなぜかカットされているジャコのソロが入ったDVDで聴きたい)が大好きでいまだによく聴きます。その他の作品はわかりにくく感じることも多くちょっと腰の引けたジョニ・ミッチェル・ファンの私ですが、本作は意外にわかりやすく繰り返し聴く作品になりそうです。

 話題のヒア・ミュージックですが、ポール・マッカートニー、ジョニ・ミッチェル、ジェイムス・テイラーというライン・アップを見ると、どうも上質な大人のロック・ミュージックを追及するレーベルになりそうです。私にとって、坂本龍一とエイベックスのジョイントによるcommmons(コモンズ)と並んで目の離せないレーベルになりそうです。

 ちなみに、印象的なジャケット・デザインは、ジョニ・ミッチェルが芸術監督を務めたバレエ「ザ・フィドル・アンド・ザ・ドラム」の写真を用いた彼女自身によるもののようです。

|

« 中小企業の借入限度額の目安について考える。大久保直之「銀行取引と借入戦略CD」。 | トップページ | 新バイブルようやく登場。東京地裁破産再生研究会「破産・民事再生の実務 新版」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/17599682

この記事へのトラックバック一覧です: スターバックスからの極上の一杯。ジョニ・ミッチェル「シャイン」:

« 中小企業の借入限度額の目安について考える。大久保直之「銀行取引と借入戦略CD」。 | トップページ | 新バイブルようやく登場。東京地裁破産再生研究会「破産・民事再生の実務 新版」 »