アカウンティング&ミュージック 2019年邦楽再発・再編集ベスト3。椎名林檎「~ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~」他

Photo_20200103012801  アカウンティング&ミュージック 2019年邦楽再発・再編集ベスト3。

第1位は、椎名林檎「~ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~」

第2位は、竹内まりや「Turntable」

第3位は、YMC 「Yellow Magic Children #01 」

 三毒史もそうですが井上雨迩のミックスが冴えわたる椎名林檎、底力に驚かされる竹内まりや、高野寛の手腕が光るYMC 、サブスク時代でもCDを楽しんだ1年でした。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

アカウンティング&ミュージック 2019年洋楽再発・再編集ベスト3。ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)「JONI 75~ジョニ・ミッチェル・バースデイ・セレブレーション(Joni75: A Birthday Celebration)」他

Joni-75-a-birthday-celebration アカウンティング&ミュージック 2019年洋楽再発・再編集ベスト3。

 第1位は、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)「JONI 75~ジョニ・ミッチェル・バースデイ・セレブレーション(Joni75: A Birthday Celebration)

 第2位は、ザ・バード&ザ・ビー(THE BIRD AND THE BEE)「ジャンプ~トリビュート・トゥ・ヴァン・ヘイレン(Interpreting the Masters Volume II: A Tribute To Van Hale)」

 第3位は、ヴァリアス・アーティスト(Various Artists)「POWER TO THE POP」

 ジョニ・ミッチェルの曲の良さを改めて噛みしめ、ヴァン・ヘイレンの曲の良さに改めて気が付き、岩本晃市郎氏の執念の1枚に感服させられた1年でした。 

» 続きを読む

| | コメント (0)

アカウンティング&ミュージック 2019年邦楽ベスト5。椎名林檎「三毒史」他

Photo_20200102235501 アカウンティング&ミュージック 2019年邦楽ベスト5。

 第1位は、椎名林檎「三毒史」

 第2位は、King Gnu「Sympa」

 第3位は、スガシカオ「労働なんかしないで 光合成だけで生きたい」

 第4位は、ソギー・チェリオス「Ⅲ」

 第5位は、Official髭男dism「Traveler」

 関ジャムでも自ら語った考え抜かれた曲間等、アルバム・アーティストの本領を見せつけた椎名林檎、その後継者ともいうべきKing Gnu、メインストリームへ復帰してきたスガシカオ、胸締め付けられるソギー・チェリオス、歌唱力と味わい深さを併せ持った恐るべきOfficial髭男dism、それに米津玄師やあいみょんも含めて、Jメロディーは捨てたもんじゃないと思えた1年でした。


 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

アカウンティング&ミュージック 2019年洋楽ベスト5。エスペランサ(Esperanza Spalding) 「12リトル・スペルズ(12 Little Spells)」他

12-little-spells_20200102223701

 誰が買うのかCDという時代、備忘記録的に縮小し、アカウンティング&ミュージック 2019年洋楽ベスト5、今年も発信させていただきます。

 第1位:エスペランサ(Esperanza Spalding) 「12リトル・スペルズ(12 Little Spells)」

 第2位:ヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)「 ファーザー・オブ・ザ・ブライド(FATHER OF THE BRIDE)」

 第3位:ベック(Beck)「ハイパースペース(Hyperspace)」

 第4位:リゾ(lizzo)「コズ・アイ・ラヴ・ユー(Cuz I Love You)」

 第5位:ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「ストーンチャイルド(STONECHILD)」

 エスペランサ、ヴァンパイア・ウィークエンド、ベックのメロディーに癒され、ビリー・アイリッシュの新しさよりもリゾの逞しさに心ひかれ、相変わらずジェスカ・フープを応援する1年でした。

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

元旦日本経済新聞一面。「さびつく成長の公式」

 毎年、楽しみにしている元旦の日本経済新聞ですが、今年の一面は、「さびつく成長の公式 」。

 資本を集め、人を雇い、経済が拡大すれば社会全体が豊かになるという資本主義が転換点にさしかかっているという内容です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3。カーネーション(CARNATION)「The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER"」

20190102_the_very_best_of_carnation

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2018Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)の最後は、カーネーション(CARNATION)「The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER"」(2018年)。

 デビュー35年周年の最新オールタイムベストアルバム。

 デビュー20周年のベスト・アルバム「CARNATION 20th ANNIVERSARY BEST ALBUM CARNATION IS THE GREAT R&R BAND!-C-SIDE OF CARNATION-」(2004年)も良かったですが、その後の曲も素晴らしいのは賞賛に値します。 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3。「エース2」

20190102_2

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2018Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)のお次は、「エース2」(2017年9月)。

 2017年発売なんですが、気がついたのが2018年で、あまりの良さに選出。
 小西康陽が選ぶ和もののコンピレーション第2弾ですが、とにかく良い曲ばかりで、そういえばそうだったという「意外性」がまた面白いのです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3。椎名林檎「アダムとイヴの林檎」

20190102

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2018Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)の始めは、椎名林檎「アダムとイヴの林檎」(2018年)。

 ここ数年、化け物ともいうべき充実度の椎名林檎のトリビュート・アルバム。

 その演出力に注目が集まりがちですが、もっと評価されて良いと思うのが彼女のソング・ライティング能力。

 あまり知られていないとは思いますが、曲作りのマエストロ、カーネーションの直枝政広も、ファンクラブ会報で「日出処」を2014年のベスト10に挙げ、「何よりもこの人の曲作りのうまさに感服」と誉めていました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽再発・再編集ベスト3。ザ・ビートルズ (The Beatles) 「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(The Beatles)」

20190102_the_beatles

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2018 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)のお次は、ザ・ビートルズ (The Beatles) 「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(The Beatles)」(2018年)。

 以前よりビートルズが好きになってきた今日この頃。

 オリジナル・アルバムでは一番好きな、通称ホワイト・アルバムが50周年記念ニュー・エディションの最新リマスタリングで再発です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽再発・再編集ベスト3。クイーン (Queen) 「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック) (BOHEMIAN RHAPSODY (SOUNDTRACK) )」

20190102_bohemian_rhapsody

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2018 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)のお次は、クイーン (Queen) 「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック) (BOHEMIAN RHAPSODY (SOUNDTRACK) )」(2018年)。

 本当にびっくりの大ヒットの映画も、なるほどクイーン・ファンでなくても楽しめ、映画としてよくできており面白かったです。

 1曲目の「20世紀フォックス・フザンファーレ」もそうですが、私の中ではジェイ・グレイドンと並ぶ2大ハーモナイズド・ギター、ブライアン・メイに痺れます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽再発・再編集ベスト3。ザ・プラネッツ(The Planets) 「スポット(Spot)」